Mac/Windows

【2020年版】フリーのDAWソフトのおすすめと選び方

DAWフリーソフト(無料DAW)のおすすめと選び方【2020年版】

「DAWフリーソフト(無料DAW)のおすすめはどれ?」という人へ。

無料のDAWの場合、一部の機能に制限がある場合が多いです。そこで、DAWフリーソフトで出来ること(メリット)・出来ないこと(デメリット)をまとめました。

これらの情報をもとに、DTM歴7年で国内外から楽曲リリース経験のあるトラックメイカーが、これまでの経験を踏まえて、あなたにピッタリのDAWフリーソフト(無料DAW)選びをサポートします。

この記事で分かること
  • DAWフリーソフトのおすすめは?
  • DAWフリーソフトと有料ソフトは何が違うの?
  • DAWフリーソフトを使う上で気を付けることは?

DAWフリーソフトとは?

「DAWフリーソフト」とは、読んで字のごとく、「無料(Free)」の「DAW(DTMソフト)」のことです。

DAWフリーソフトには、主に以下の2種類があります。

  1. DAWメーカーが、プロモーション(販売促進)目的で無償配布している、一部の機能が制限されたDAW。
  2. 善意のある団体や個人が無償配布しているDAW。

タクヤくん
タクヤくん
なるほどね。ところで、そもそもDAWって何をするものなの?

という人は、以下の記事もチェックしてみてください。

DAWフリーソフトのデメリットは?

無料DAWと有料DAW(市販品)の違いを知ってもらうために、DAWフリーソフトのデメリットを説明します。

DAWフリーソフトのデメリットは、主に以下の通りです。

DAWフリーソフトのデメリット
  1. 機能制限がある
  2. 付属プラグインが少ない
  3. 情報が少ない

① 機能制限がある

フリーDAWには機能制限がある

DAWフリーソフトの一番のデメリットとしては、使える機能に制限があることです。

もともとプロモーション目的のソフトなので当然なのですが、全機能が使える有料版に対して、

無料版では一部の機能に制限(Lock)がかかっており、「有料版を購入 or 課金」することで、ロック解除(Unlock)されるパターンがほとんどです。

DTM部長
DTM部長
この機能めっちゃ欲しい!というものに限って制限があったりします。

② 付属プラグインが少ない

フリーDAWは付属プラグインが少ない、使えない。

DAWでDTMをするために欠かせないのが、ソフト音源やエフェクトなどのプラグインですよね。

DAWフリーソフトの場合、付属プラグインが少ないものや、そもそも付属していないものが多いです。

また、無料版のなかには、他社製のVSTプラグインの読み込みを制限しているDAWもあります。

③ 情報が少ない

フリーDAWは情報が少ない。

DAWフリーソフトは、メーカーの公式サポートの対象外になっているものが多いため、使っている途中で不具合が起きても自分で解決するしかありません。

ところが、あまりメジャーでないDAWの場合は、ネットに情報が少ないあるけど古いというケースが多々あるので、初心者にはおすすめできないです。

もちろん、フリーDAWで作った曲をリリースしているアーティストもいますので、「有料じゃないとダメ!」ということはありませんが、大多数のアーティストが有料のDAWを使っているというのは事実です。

DTM部長
DTM部長
市販品(有料)のDAWのおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しています。

DAWフリーソフトのおすすめは?

DAWフリーソフトのデメリットを知った上で、

タクヤくん
タクヤくん
それでも、まず最初はフリーのDAWから試してみたい!

という人のために、本当に使えると思うDAWフリーソフトを、ランキング形式で紹介していきます。

何でもかんでもフリーのDAWを紹介しているサイトはたくさんありますが、全部がおすすめな訳ないです。

DAWフリーソフト ランキング
  1. Cakewalk by BandLab
  2. Garage Band
  3. Reaper
  4. Waveform Free
  5. FL Studio Free Trial
  6. Studio One 4 Prime
  7. Pro Tools | First
  8. Zenbeats

1位 Cakewalk by BandLab

無料DAWの中でもトップクラスの機能充実度!

6万円程度するかつての人気DAW「SONAR」が運営会社の買収により無償化された「Cakewalk by Bandlab」は、今回紹介する中でもトップクラスで多機能な完全フリーDAWです。

機能としてはSONAR最上位モデルのPlutinumを踏襲しており、十分過ぎるスペックですが、付属プラグインは下位モデルと同等(18)になっています。

当然、サポートはありませんが、それでも無制限のトラック数・外部プラグインも使えるなど機能が充実しているという点で、1番のおすすめとしました。

対応OSWindows
トラック数無制限
サウンドエンジン64bit対応
保存できるプロジェクトファイル数無制限
付属プラグインソフト音源5、エフェクト13
サードパーティ製プラグイン起動可能(VST対応)
Cakewalk by BandLab

公式サイト

2位 Garage Band

Macユーザーだけが使える特権!

「Garage Band」は、Mac/iPad/iPhoneなどApple製のデバイスを購入すると無料で使える音楽制作ソフトです。

国内外で根強い人気があり、使い方などの情報も豊富です。また、「Logic Pro」とプロジェクトを共有できるため、Garage Bandで練習してからLogic Proに本格移行というような使い方もできます。

ただし、付属プラグインが初心者向けのものしかなく、細かいパラメータ調整による音作りは出来ないため、外部プラグインを使うか、お試し用途として使うことをおすすめします。

対応OSMac/iPad/Phone
トラック数無制限
※iPad/iPhone用アプリは32トラックまで
サウンドエンジン64bit対応
保存できるプロジェクトファイル数無制限
付属プラグインソフト音源15以上、エフェクト10以上
※iPad/iPhone用アプリはエフェクト9
サードパーティ製プラグイン起動可能(AU対応)
Garage Band

公式サイト

3位 Reaper

パソコンのスペックを問わない動作の軽さ・安定性

「Reaper」は、アメリカ カリフォルニア州のCockos社によって開発されたオープンソース(無償)のDAWソフトウェアです。

これだけ性能が高くて軽いDAWは市販品も含めて他にないため、パソコンやDAWに詳しい人にとっては、最高のフリーDAWといえます。

ただし、その分、画面の見た目が地味だったり、付属するソフト音源も少ないなど、DTM初心者には難易度が高いため、おすすめできません。

対応OSWindows/Mac
トラック数無制限
サウンドエンジン64bit対応
保存できるプロジェクトファイル数無制限
付属プラグインソフト音源3、エフェクト17
サードパーティ製プラグイン起動可能(VST、AU対応)

公式サイト

4位 Waveform Free

軽い動作で見た目もオシャレなおすすめフリーDAW!

「Waveform Free」は、Traktion社が開発したフリーDAW「Traktion 7」の後継DAWとして2020年4月にリリースされました。

他のDAWにない機能として、DAWがクラッシュしても、起動していたプラグインのパラメータを保護する「プラグイン・サンドボックス」という機能が搭載されており、とても安心して制作できます。

リリースされたばかりのため情報は少ないですが、トラック数無制限で、Win/Macどちらでも使えるため、とてもおすすめなフリーDAWです。

対応OSWindows/Mac
トラック数無制限
サウンドエンジン64bit対応
保存できるプロジェクトファイル数無制限
付属プラグインソフト音源2、エフェクト1(複数種類のセット)
サードパーティ製プラグイン起動可能(VST、AU対応)
Waveform Free

公式サイト

5位 FL Studio 20 Free Trial

プロのアーティストも支持する人気のDAWのデモ版!

市販品として多くのユーザーから人気を誇るDAW「FL Stuido 20」のデモ版です。

無料版の制限として、保存したプロジェクトファイルを読み込むことができませんが、逆にそれ以外の全ての機能が製品版と同様に使えます。

付属プラグインの数は、フリーDAWのなかでも圧倒的に多いので、将来的にFL Studioの購入を考えている人や、FL StudioをVSTやRewireとして使う予定の人には、非常におすすめです。

対応OSWindows/Mac
トラック数無制限
サウンドエンジン64bit対応
保存できるプロジェクトファイル数無制限
※ただし、保存したプロジェクトの読み込みができない。
付属プラグインソフト音源37、エフェクト58
サードパーティ製プラグイン起動可能(VST、AU対応)

公式サイト

6位 Studio One 4 Prime

簡単な操作と透き通ったサウンドで人気のDAWのフリー版!

こちらも、市販品として多くのユーザーから人気を誇るDAW「Studio One 4」の下位バージョンでフリーのDAWです。

プラグインの出音が良いStudio Oneですが、無料版の制限として、肝心の他社製のプラグインが使えません。

そのため、本格的な曲作りは難しいですが、レコーディングがメインの人や、Studio oneの購入を考えている人には、とてもおすすめです。

対応OSWindows/Mac
トラック数無制限
サウンドエンジン64bit対応
保存できるプロジェクトファイル数無制限
付属プラグインソフト音源1、エフェクト9
サードパーティ製プラグイン×(他社プラグインの起動不可)
Studio One 4 prime/artist

公式サイト

7位 Pro Tools | First

音楽業界の標準DAWのプロモーション版フリーDAW!

世界中のレコーディングスタジオで使われているDAW「Pro Tools」の下位バージョンでフリーのDAWです。

製品版が高額であることもあり、トラック数やプロジェクトファイル数など、かなりの機能制限があります。

そのため、曲作りはお試し程度しかできませんが、テイク管理機能など、レコーディング機能が充実しているため、録音メインとして使いたい1台です。

対応OSWindows/Mac
トラック数16トラックまで
サウンドエンジン64bit対応
保存できるプロジェクトファイル数3プロジェクトまで
※クラウドへの保存
付属プラグインソフト音源2、エフェクト21
サードパーティ製プラグイン×(他社プラグインの起動不可)

公式サイト

8位 Zenbeats

マルチOS対応で環境を選ばない次世代のフリーDAW!

Roland社が2019年にリリースした、フリーDAWです。

パソコン/iPad/iPhoneと、複数のデバイス間でプロジェクトファイルを共有して使うことができるのが最大のメリットです。

いわゆる内部課金して機能を追加していくタイプのDAWで、無料版では外部プラグインは使えません。iPadやiPhoneでも音楽制作をしたい場合はアリかもしれません

対応OSWindows/Mac/iPad/Phone
トラック数無制限(エフェクト、センドは2まで)
サウンドエンジン64bit対応
保存できるプロジェクトファイル数無制限
付属プラグインソフト音源9、エフェクト4
サードパーティ製プラグイン×(他社プラグインの起動不可)
Zenbeats

公式サイト

DTM部長
DTM部長
それでは、もう一度、おさらいします。

DAWフリーソフトのおすすめ
  1. Cakewalk by BandLab
  2. Garage Band
  3. Reaper
  4. Waveform Free
  5. FL Studio Free Trial
  6. Studio One 4 Prime
  7. Pro Tools First
  8. Zenbeats

9位以下~

ちなみに、「ただDAWフリーソフトをまとめただけ」ではないことを知っていただくために、評価した結果、ランク外となったDAWフリーソフトも、名前だけ載せておきます。

興味のある人は、これらのDAWもググって調べてみてください。

ランク外のDAWフリーソフト
  • Music Studio Producer
  • NanoStudio 1
  • LMMS
  • Podium Free
  • Ohm Studio Free
  • Audacity
  • KRISTAL Audio Engine
  • SoundEngine free
  • RadioLine Free

まとめ

DAWフリーソフトを使う上でのメリット・デメリットと、それを踏まえた上で、本当に使える(おすすめできる)DAWフリーソフトを紹介しました。

この記事で解説した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • DAWフリーソフトは、機能制限がある。
  • DAWフリーソフトは、付属プラグインが少ない。
  • DAWフリーソフトは、ネットの情報が少ない。
  • これらを理解した上で、使うのであれば問題ない。

おすすめのDAWフリーソフトを紹介しましたが、

タクヤくん
タクヤくん
やっぱり市販のDAWも気になってきた!

という人は、以下の記事をチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です