ヘッドフォン

モニターヘッドホンのおすすめと選び方。【2020年版】

モニターヘッドホンのおすすめと選び方。【2020年版】

これからDTMを始めようとされている方へ。モニターヘッドホンは色々な種類があって、どれを選んだら良いか分からないですよね。

また、「モニターヘッドホンって必要なの?」「普通のヘッドホンじゃダメなの?」という疑問もあると思います。

そこで、DTM歴7年で国内外から楽曲リリース経験のあるトラックメイカーが、これまでの経験を踏まえて、あなたにピッタリのモニターヘッドホンの選び方とおすすめの機種について解説します。

この記事で分かること
  • モニターヘッドホンって何?
  • モニターヘッドホンの選び方は?
  • モニターヘッドホンのおすすめは?

モニターヘッドホンとは?

「モニターヘッドホン」とは、音楽制作をするときに、細部まで音をチェックするためのヘッドホンです。

気持ちよく聞こえるように調整された一般的な音楽鑑賞用のヘッドホンと違い、原音忠実でフラットな出音が特徴です。

モニターヘッドホンと普通のヘッドホンの違い

モニター用のヘッドホンと一般的な鑑賞用のヘッドホンでは、聴こえの音に大きな違いがあります。

ヘッドホンの特徴の違い
  1. 一般的な鑑賞用ヘッドホンの特徴
  2. モニターヘッドホンの特徴

① 一般的な鑑賞用ヘッドホンの特徴

一般的な鑑賞用ヘッドホンの特徴
  • 気持ち良く聴こえるように味付けされた音質

BOSE(ボーズ)やBeats by dr.dre(ビーツバイドレ)など、音楽鑑賞用のヘッドホンは、気持ち良く聴こえるように、あらかじめ周波数が調整されています。

すなわち、デフォルトでEQ(イコライジング)がかかっているということです。

特に、低域と高域を強調したドンシャリ型になっているものが多いです。

そのことを知らずに、そのヘッドホンをフラットだと思って楽曲を制作すると、完成曲を他の環境で聞いたときに、「あれ?なんか低域と高域が物足りないな~」と感じることになります。

ただし、最初からそのことを理解してさえいれば、DTMで使用しても全く問題ありません。

DTM部長
DTM部長
むしろ、音楽鑑賞用のスピーカーの方が、音を作っていて気持ち良いです。

モニターヘッドホンの特徴

モニターヘッドホンの特徴
  • 解像度が高いので細かい音を見極められる
  • フラットで原音に忠実な音
  • 定位の分離感が分かりやすい※

楽曲を正確にモニターするために作られているモニターヘッドホンの一番のメリットは、解像度が高く、ミックス時のプラグインエフェクトのパラメータの細かい調整が行いやすいことです。

また、EQ調整もなくフラットな出音なので、良くも悪くも楽曲そのままの音を確認できます。

また、各楽器がどこから鳴っているかという定位が分かりやすく、パンニング作業がスムーズです。

※ただし、ヘッドホンの定位は、実際のバンド演奏やスピーカーで聴く定位とは異なりますので、そこだけは理解しておく必要があります。

ヘッドホンとスピーカーの定位感の違いについては、以下の記事で解説しています。

モニターヘッドホンの選び方は?

タクヤくん
タクヤくん
モニターヘッドホン欲しいんだけど、どれが良いか悩み中・・。

という人のために、選定ガイドを作りました。

こちらを順番に読んでいくだけで、自分にあったモニターヘッドホンの候補が絞り込めるようになっています。

モニターヘッドホンの選び方
  1. モニターヘッドホンを使う目的は?
  2. 音質が良いモニターヘッドホンは?
  3. 購入前の注意事項は?

① モニターヘッドホンを使う目的は?

モニターヘッドホンといっても、その具体的な用途によって相性の良し悪しがあります。

あなたは、モニターヘッドホンで主にどんな作業をする予定でしょうか?

  • レコーディングで使いたい
  • ミックスで使いたい
  • DTM全般で使いたい

モニターヘッドホンをレコーディングで使いたい

レコーディングで使いたいヘッドホン

レコーディングで使う場合は、ヘッドホンから漏れた音をマイクが拾ってしまわないように、音漏れの少ない「密閉型のヘッドホン」を選ぶのがおすすめです。

そのため、放送局やスタジオなどでも、密閉型のモニターヘッドホンが使われているのが一般的です。

密閉型の聴こえ方の特徴として、主に低域などが細かい音まで聴こえやすいメリットがありますが、こもりと閉塞感を感じやすく、長時間使用すると疲れやすいというデメリットがあります。

  • レコーディング=密閉型のモニターヘッドホン

モニターヘッドホンをミックスで使いたい

ミックスで使いたいヘッドホン

ミックスで使う場合は、長時間使っても疲れにくい「開放型(オープン型)のヘッドホン」を選ぶのがおすすめです。

そのため、音楽制作の場面では開放型のモニターヘッドホンが多く使われています。

開放型の聴こえ方の特徴として、主に高域などが細かいまで聴こえやすく音の定位感が自然に近いというメリットがありますが、低域が少し出にくいというデメリットがあります。

  • ミックス=開放型のモニターヘッドホン

モニターヘッドホンをDTM全般で使いたい

DTM全般で使いたいヘッドホン

レコーディングやミックスも含めて、DTM全般で使う場合は、「密閉型(クローズド型)のヘッドホン」を選ぶのがおすすめです。

密閉型のヘッドホンでも、ミックス作業に向いているオールラウンダーなモニターヘッドホンはたくさんありますので、そのようなものを選ぶのが良いです。

  • DTM全般=密閉型のモニターヘッドホン

② 音質が良いモニターヘッドホンは?

モニタースピーカーの音質の良さをカタログスペックだけで判断する場合、

  • 周波数特性

の数値をチェックして、再生できる帯域の広さを確認します。

人間が音として聞き取れる可聴域は、20~20kHzと言われていますので、ヘッドホンの周波数特性としては、80~20kHz以上あると良いです。

DTM部長
DTM部長
モニターヘッドホンの多くは80~20kHz以上になっています。

③ 購入前の注意事項は?

DTM初心者が、モニタースピーカーを購入する際に注意しておきたいことは、以下の通りです。

  • プラグ
  • ケーブルタイプ
  • 重量

モニターヘッドホンのプラグ

モニターヘッドホンのプラグ

モニターヘッドホンのプラグ形状は、以下の2種類があります。

  • ステレオ標準プラグ
  • ステレオミニプラグ

パソコンやiPad、iPhoneなどは、ステレオミニプラグで接続します。

オーディオインターフェイスやミキサーに接続する場合は、ステレオ標準プラグで接続します。

変換プラグが付属されているものもありますが、無い場合は、以下のようなプラグを別途、購入しましょう。

ステレオミニプラグ ⇒ ステレオ標準プラグ

ステレオ標準プラグ ⇒ ステレオミニプラグ

モニターヘッドホンのケーブルタイプ

モニターヘッドホンのケーブルタイプ

モニターヘッドホンのケーブルタイプは以下の2種類があります。

  • ストレートコード
  • カールコード

ストレートコードは、ヘッドホンを装着して作業している時に、邪魔にならず快適ですが、絡まったり、ダブついたりしやすいです。

カールコードは、コンパクトにまとまるため、邪魔になりにくいですが、長さが足りない場合は、ケーブルの張力によって頭を引っ張られる感じで少し不快に感じるときがあります。

モニターヘッドホンの重量

モニターヘッドホンの重量

意外と軽視されがちですが、重量のあるヘッドホンは、DTMなどで長時間使っていると、疲れやすくなります。

重さに関しては、体格による個人差もありますが、目安としては、300gを超えると、少し重さが気になってくる感じです。

ただし、レコーディングで使うのがメインだったり、モニタースピーカーと併用したりするのであれば、そこまで気にする必要はありません。

モニターヘッドホンのおすすめは?

それでは、ここまでの情報を踏まえて、DTMについてそれなりの知識がある私が、皆さんの立場だったらどれを買うか、おすすめのモニタースピーカーを、コスパ重視のランキング形式で紹介します。

モニターヘッドホンのおすすめ
  1. DTM用
  2. レコーディング用
  3. ミックス用

① DTM用モニターヘッドホン

まず最初に、これからDTMを始める初心者におすすめの、モニターヘッドホンを紹介します。

DTM部長
DTM部長
これ買っとけば間違いないです!

ランキング1位

SONY ( ソニー ) | MDR-7506

コスパ最強の文句無しモニターヘッドホン!

レコーディングスタジオの定番CD900STと比べて、低音がしっかりと聴こえるため、全体のバランスが良いです。また、イヤーパッドが耳に優しい装着感で良いです。

値段が高くて音が良いヘッドホンはいくらでもありますが、1万円そこそこで、このクオリティのものが手に入るというコスパの高さから、第1位としました。

タイプ密閉型(クローズド型)
周波数特性10~20,000Hz
感度106dB
ケーブルタイプカールコード
ケーブル長1.2m(最大約3.0m)
入力端子ステレオミニプラグ
 重量230g
ランキング2位

ROLAND ( ローランド ) | RH-300

DTMに精通したRolandが開発するモニターヘッドホン!

音の分離感が良く、ドラムやパーカッションの鳴りを聴き分けやすく、エフェクトのかかり具合もとても分かりやすいという、モニターヘッドホンとして必要なスペックを兼ね揃えた機材です。

重すぎず、そこまで締め付け感も強くないので、長時間の使用でもストレスを感じにくい設計になっており、国内メーカーでサポートも充実しているため、初心者にもおすすめできるということで2位としました。

タイプ密閉型(クローズド型)
周波数特性10~25,000Hz
感度101dB
ケーブルタイプストレートコード
ケーブル長3.4m
入力端子ステレオミニプラグ
(標準変換プラグ付属)

 重量250g
ランキング3位

AKG ( アーカーゲー ) | K240MK2

海外で高い人気を誇る定番モニターヘッドホン!

海外市場で高い人気を誇る定番モニターヘッドホンです。一番のメリットは、1万円以下で購入できてしまう価格の安さです。

半密閉式(セミオープン型)を採用しており、ほどほどに高音が伸び、低音も出ます。SHUREのSRH840と迷いどころでしたが、価格メリット面でこちらを3位にしました。

タイプ半密閉型(セミオープン型)
周波数特性15~25,000Hz
感度91dB
ケーブルタイプストレート・カール(着脱可能)
ケーブル長ストレート:3.0m
カール:(最大5.0m)
入力端子ステレオミニプラグ
(標準変換プラグ付属)
 重量230g

② レコーディング用モニターヘッドホン

次に、ボーカルやラップのレコーディングを主に行う人におすすめのモニターヘッドホンを紹介します。

DTM部長
DTM部長
レコーディングにおすすめの密閉型のヘッドホンを紹介します

ランキング1位

SONY ( ソニー ) | MDR-CD900ST

レコーディングスタジオのデファクトスタンダード!

皆さんご存知、お馴染みのMDR-CD900STです。中域~高域が良く聴こえるため、ボーカルやコーラスのレコーディングに最適です。また、とても軽量なため、長時間の使用でもストレスになりにくいです。

低音はファットではないものの、ちゃんとローエンドまで聴こえるので、CD900STらしいサウンドだと理解していれば、ミックスにも十分使えます。音質だけで言えば、SHUREのSRH840の方が優れていますが、価格面も考えて1位としました。

タイプ密閉型(クローズド型)
周波数特性5~30,000Hz
感度106dB
ケーブルタイプストレートコード
ケーブル長2.5m
入力端子ステレオ標準プラグ
 重量200g
ランキング2位

SHURE ( シュアー ) | SRH840

DTMに精通したRolandが開発するモニターヘッドホン!

プロ向けのマイク・モニター機器で有名なSHUREのモニターヘッドホンです。中域~高域が良く聴こえるCD900STに対して、こちらは全体のバランスが良いヘッドホンです。

密閉型なのでレコーディング用のランキングに載せましたが、ミックスにも使えるオールラウンダーです。ただし、その分、値段が2万円近くと、少し割高なので2位にしました。

タイプ密閉型(クローズド型)
周波数特性5~25,000Hz
感度105dB
ケーブルタイプカールコード(着脱可能)
ケーブル長3.0m
入力端子ステレオミニプラグ
(標準変換プラグ付属)

 重量300g
ランキング3位

SONY ( ソニー ) | MDR-7506

コスパ最強の文句無しモニターヘッドホン!

「またコレか!」という感じですが、どうしてもランキングに入れたくなります。

音質面では、SHUREのSRH840や同じSONYのCD900STの方がレコーディング向きですが、抜群のコスパの高さでレコーディング用としても採用しました。

タイプ密閉型(クローズド型)
周波数特性10~20,000Hz
感度106dB
ケーブルタイプカールコード
ケーブル長1.2m(最大約3.0m)
入力端子ステレオミニプラグ
 重量230g

③ ミックス用モニターヘッドホン

最後に、ミックス作業を主に行う人におすすめのモニターヘッドホンを紹介します。

DTM部長
DTM部長
音の定位感や解像度で優れているものを、紹介します。

ランキング1位

Beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) | DT990PRO

ずっと装着してても疲れない快適なモニターヘッドホン!

開放型でおすすめなのがドイツのBeyerdynamicのモニターヘッドホンです。あまり聞いたことがないかもしれませんが、ヘッドホンマニアの中では有名なメーカーです。

実は、ドンシャリ気味に味付けされた音質なのですが、開放型なのに低音がちゃんと出ており、空間表現に優れているので定位の確認がとてもしやすいです。また、ベロアのイヤーパッドが柔らかくて装着感も良く、快適に作業が出来ます。

タイプ密閉型(クローズド型)
周波数特性5~30,000Hz
感度106dB
ケーブルタイプストレートコード
ケーブル長2.5m
入力端子ステレオ標準プラグ
 重量200g
ランキング2位

YAMAHA ( ヤマハ ) | HPH-MT8

CD900STと並ぶ定番のモニターヘッドホン!

CD900STと並んでモニターヘッドホンの定番となっているYAMAHAのHPH-MT220の後継機のHPT-MT8です。音質のバランスとしてはCD900STよりむしろ優秀です。

ただし、値段がそれなりに高いのと、重量が350gと結構あるので長時間使っていると疲れてくる場合があるということで、2位にしました。

タイプ密閉型(クローズド型)
周波数特性15~28,000Hz
感度102dB
ケーブルタイプストレート・カール(着脱可能)
ケーブル長ストレート:3.0m
カール:1.2m
入力端子ステレオミニプラグ
(標準変換プラグ付属)

 重量350g
ランキング3位

Audio Technica ( オーディオテクニカ ) | ATH-M50X

世界標準のモニターヘッドホン!

AKGのK240と並んで、海外で定番として良く使われているモニターヘッドホン。広がり感はあまりありませんが、フラットで味付けの無い、モニターらしいサウンドです。

また、造りが頑丈で耐久性に優れているため、音楽制作だけでなく、DJやライブなどの現場でも使用することができます(そこが海外で人気のある理由かもしれないです)。

タイプ密閉型(クローズド型)
周波数特性15~28,000Hz
感度99db
ケーブルタイプストレート・カール(着脱可能)
ケーブル長ストレート:3.0m、1.2m
カール:1.2m(最大3.0m)
入力端子ステレオミニプラグ
(標準変換プラグ付属)
 重量285g

タクヤくん
タクヤくん
ミックスには開放型!とか言いながら、密閉型ばっかりだな・・。

まとめ

モニターヘッドホンのおすすめや選び方について解説しました。

この記事で解説した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • モニターヘッドホンは音の定位やエフェクトの効果を確かめるためのもの。
  • レコーディングには音漏れしない密閉型を使う。
  • ミックスやDTMは好きな方を選んで良い。
  • 重いヘッドホンは長時間使うと疲れる。

色々解説はしましたが、モニターヘッドホンを使い慣れてくると、

タクヤくん
タクヤくん
このヘッドホンでこのくらい低音が鳴ってればOKかな~。

という感覚が分かってきます。

また、良いモニターヘッドホンがあれば良い曲が作れるとは限りません。

そのため、どれを選んでも失敗ということはありませんので、直感で気に入ったものを選んで、さっそく使い始めてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です