音楽理論

【誰でも簡単にできる】コード進行の作り方はパターンが決まっている。

コード進行の作り方/DTMですぐに使える音楽理論講座

「コード進行の作り方が分からない!」「どんなコードを使えば良いか分からない!」という人へ。

コード理論は難しいイメージがあると思いますが、あるルールを知るだけで、意外に、誰でも簡単にコード進行を作ることができます。

DTM歴7年で楽曲リリース経験のある現役トラックメイカーが、コード進行の作り方について、初心者向けに分かりやすく解説します。

この記事で分かること
  • コード進行とは?その作り方は?
  • どんなコードを使えば良い?コードの役割とは?
  • コードを並べる順番は?

コード進行とは?

コード進行はストーリー展開を作る

「コード進行」とは、楽曲をつくるときに、コード(和音)をどのように並べるかという順番のことです。

曲中でコードが変わっていくことによって、楽曲に展開(表情)をつくることができます。つまり、ストーリー展開を作るのが、コード進行の役割です。

コード進行の並び順は、「カデンツの法則」によってパターンが決まっていますので、楽曲で使うコードが決まれば、並び順はおのずと決まってきます。

タクヤくん
タクヤくん
ちょっと待って、コードってそもそも何?

という人は、まずこちらの記事から読んで頂くことをおすすめします。

コード進行の作り方:コードには役割がある

コードの種類によって、それぞれ役割(使いどころ)が決まっており、この役割をもとにコードの並び順が決まります。

コードの役割には、以下の種類があります。

コードの役割
  1. トニック(T)
  2. ドミナント(D)
  3. サブドミナント(S)
  4. サブドミナントマイナー(SM)

① トニック(T)

「トニック(T)」とは、最も安定している状態の音です。

感情のイメージとしては、落ち着く・安定感・終止感がある、などです。

役割としては、主にフレーズの始めと終わりに使われ、どのコードにも進行できます。

例:Cメジャースケールのトニック(T)は、「Cmaj(Cメジャー)」です。

① ドミナント(D)

「ドミナント(D)」とは、不安定な状態の音です。

感情のイメージとしては、クライマックス・緊張・不安、などです。

役割としては、主にフレーズの途中で使われトニック(T)に進みたがります。

例:Cメジャースケールのドミナント(D)は、「Gmaj(Gメジャー)」です。

① サブドミナント(S)

サブドミナントは、少しだけ不安定な状態の音です。

感情のイメージとしては、何か始まりそうな予感がする音です。

役割としては、主にフレーズの途中で使われどのコードにも進行できます。

例:Cメジャースケールのサブドミナント(S)は、「Fmaj(Fメジャー)」です。

① サブドミナントマイナー(SM)

「サブドミナントマイナー(SM)」は、少しだけ不安定な音です。

サブドミナント(S)をマイナーコードにしただけです。

役割としては、主にフレーズの途中で使われサブドミナント(S)以外のどのコードにも進行できます。

例:Cメジャースケールのサブドミナントマイナー(SM)は、「Fmin(Fマイナー)」です。

タクヤくん
タクヤくん
どのコードがどの役割になるかって、どうやって決まってるの?

ということが気になった人は、以下の記事で、各コードの種類や役割を、さらに詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

コード進行の作り方:コードの並び順

先ほど説明したコードの役割によって、コード進行の並び順については、だいたいパターンが決まってきます。

この、コード進行のパターンのことを「カデンツの法則」といいます。

それでは、どんなパターンがあるのか解説していきます。

コード進行のパターン
  • 3つのコードのパターン
  • 4つのコードのパターン
  • 5つのコードのパターン

3つのコードのパターン

たとえば、3つのコードで展開を作るときは、以下のような感じです。

  • T → D → T (例:C → G → C)
  • T → S → T (例:C → F → C)
  • T → SM → T (例:C → Fm → C)

4つのコードのパターン

また、4つのコードで展開を作るときは、こんな感じです。

  • T S SM T (例:C → F → Fm → C)
  • T S D T (例:C → F → G → C)
  • T SM D T (例:C → Fm → G → C)

5つのコードのパターン

5つのコードで展開を作るときは、こんな感じです。

  • T → S → SM → D → T
    (例:C → F → Fm → G → C)

もちろん、音楽理論に絶対はないので、これ以外の並びでコード進行をつくっても全然問題ありません。

ただ、世の中のほとんどの音楽のコード進行は、カデンツの法則通りの並びになっているということは事実です。

DTM部長
DTM部長
法則通りといっても、曲のキーやスケールが変われば、使うコードも変わるので、組み合わせは何通りもあります。

コード進行の作り方:コード進行の作り方は?

それでは、知識をサクっと学んだところで、実際の曲作りで、どのようにコード進行を作っていけば良いかについて、解説します。

コード進行の作り方の手順は、以下の通りです。

コード進行の作り方
  1. キーを決める
  2. 使うコードを決める
  3. コードの並び順を決める

① キーを決める

コード進行をつくるために、まずは曲の「キー(Key)」を決めます。キーを決めることにより、使えるコードが決まってきます。

タクヤくん
タクヤくん
キーってどうやって決めるの?

キーの決め方については、こちらの記事でくわしく解説しています。

② 使うコードを決める

曲のキーが決まったら、次に、使えるコードの候補を絞っていきます。

「キー(Key)」を決めることで、そのキーをもとにした「ダイアトニックコード」が決まります。

たとえば、「キー=Cメジャー(Cmaj)」に決めたとします。

この場合、ダイアトニックコードとしてC」「Dm」「Em」「F」「G」「Am」「Bm-5の7つのコードが導き出されます。

基本的には、これら7つのコードを使って、コード進行を決めていけばOKです。

なお、ダイアトニックコードについては、以下の記事で詳しく解説しています。

③ コードの並び順を決める

使えるコードの候補が決まったら、いよいよコードの並び順を決めていきます。

先ほど説明したように、コードには役割があり、それらをもとにしたカデンツの法則があります。

まずは、導き出した、7つのダイアトニックコードを、コードの役割ごとに分類します。

TDSSM
C、Em、AmG、BmDm、F

そして、カデンツの法則のパターンの中から、好きなものを選んでコード進行を組み立てていきます。

たとえば、以下のパターンを使って作ってみます。

  • T S D T

コードの役割とカデンツのパターンを見ながら、適当にコードを並べて、耳で聴いて「いいな!」と思うものでOKです。

たとえば、こんな感じです。

C → Dm → G → Em

基本は、たったこれだけです。意外と簡単ではないでしょうか?

タクヤくん
タクヤくん
たしかに、コードの役割とカデンツさえ知ってれば、コード進行ってめちゃ簡単に作れるんだねー。 

まとめ

コード進行の作り方について、出来るだけ分かりやすく解説しました。

この記事で解説した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • コード進行とは、曲のストーリー展開を作るもの。
  • コードによって、使いどころが決まっている。
  • コードの並び順のパターンは決まっている。
  • コード進行は、意外と誰でも簡単に作れる!

コードの役割とカデンツの法則さえ理解すれば、コード進行は簡単に作れることが理解できたかと思います。

ぜひ、この方法を参考にして、色々な曲作りに挑戦してみてください。

その他の音楽理論に関しては、以下にまとめています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です