プラグイン

エンジニア御用達の老舗ブランド「McDSP」とは?その魅力とプラグインのおすすめを紹介。

エンジニア御用達の老舗ブランド「McDSP」とは?その魅力とプラグインのおすすめを紹介。

「McDSPってどんなメーカーなの?」「あんまり聞いたことないけど、良いプラグインあるの?」という人へ。

McDSPはプロのスタジオの現場では超有名な老舗プラグインメーカーです。そこで、McDSPのプラグインの魅力について、全く知らない人にも分かりやすく解説したいと思います。

この記事は、DTM歴7年で楽曲のリリース経験もある現役トラックメイカーDTM部長(@dtmbu)が書いています。

この記事で分かること
  • McDSPのプラグインって何が良いの?
  • McDSPのおすすめプラグインは?
  • デモを試す方法は?

McDSPとは?

mcdsp

「McDSP(マックディーエスピー)」とは、ハード機材とプラグインを開発・販売するカリフォルニア発のメーカーです。

元々、ProToolsのHD版(外付けのDSPシステム)で使うためのプラグインを専門として開発していました。

タクヤくん
タクヤくん
なるほど、だから「McDSP」っていう名前になってるんだね!

しかし、パソコンのスペックが上がり、いわゆるネイティブ版(パソコンで使うやつ)のプラグインが一般的になってからは、それらの両方に対応したプラグインを開発しています。

protools hd

ProToolsのHD版は高額なので、個人で使っている人は少なく、導入されている現場は、ほとんどがスタジオです。

DTM部長
DTM部長
そのため、McDSPはスタジオのエンジニア御用達の老舗プラグインというポジションになりますね。

McDSPのおすすめプラグインは?

それでは、McDSPのプラグインの中でも、特に優秀だと思うものを紹介します。

McDSPのおすすめプラグイン
  1. 6050 Ultimate Channel Strip
  2. Filter Bank
  3. Analog Channel

① 6050 Ultimate Channel Strip

McDSPの看板製品である、チャンネルストリップ型のプラグインです。

チャンネルストリップとは、元々、ミキサーの各チャンネルに搭載されたエフェクトのことで、McDSPの数々のハード機材モジュールの歪み感をモデリングした25種類のチャンネルストリップをセットにした、とても使える製品です。

タクヤくん
タクヤくん
たくさん種類があるから、色々と使えそう~!

② Filter Bank

McDSPのプラグインといえば、「Filter Bank」いうほど、多くのスタジオエンジニアから評価されているEQです。

特徴としては、EQの種類による効果の違いを再現していて、様々なタイプのEQの中から楽曲に合わせて選択することができる点です。

DTM部長
DTM部長
EQのタイプを選べるというのは、面白いアイディアですよね。

③ Analog Channel

サウンドにアナログ感を足すためのシミュレータープラグインで、Analog Channelには、以下の2種類のシミュレーターがあります。

  • AC101:プリアンプのシミュレーター
  • AC202:テープマシンのシミュレーター

これに関しては、実際に動画(1:55~から再生)でBefore・Afterを聴き比べてもらうと、効果が分かりやすいです。

タクヤくん
タクヤくん
おー!すげー!

McDSPのサブスクは?

McDSPでは、月額で好きなプラグインが使い放題になる、「THE ALL ACCESS」というサブスクリプションサービスも行っています。

総額数十万円程度の、McDSPの26種類のプラグイン全てが利用可能になります。

プラン利用料金
月額29.99ドル(約3,216円)
月額(1年縛り)14.99ドル(約1,608円)
年額179.88ドル(約19,292円)

これから本格的にミックスをやっていきたい人は、月額プランでMcDSPのプラグインをがっつり使ってみて、気に入ったものがあったら、個別に購入するような使い方がおすすめです。

McDSPの評価は?

実際に、McDSPを楽曲制作で使っているのはどんなDTMerでしょうか?

Twitterから利用者の声を拾ってみました。

タクヤくん
タクヤくん
なるほど、これは曲作りをある程度理解してから買った方がよさそうだな~。

McDSPデモの使い方は?

McDSPでは、デモとして、全プラグインを14日間無料でお試しすることができます。

そこで、その方法をナビゲートしたいと思います。

McDSPデモの使い方
  1. iLokのアカウント登録(持ってる人は飛ばす)
  2. Native Installer v6のダウンロード
  3. アクティベーションとプラグインの起動

① iLokのアカウント登録

McDSPのプラグインを使うためには、iLokのアカウントを作る必要があります。

iLokのアカウント登録方法と使い方については、以下の記事を参考にしてください。

② Native Installer v6のダウンロード

まず、McDSPのデモダウンロードページにアクセスします。

ページ下部にスクロールして、専用のインストーラーを使って一気にダウンロードしたい場合は、[BUNDLE INSTALLERS]からダウンロードします。

基本は、[NATIVE]を選べば問題ないです(HD版はProToolsの外付けDSPを使う場合のみです)。

McDSP BUNDLE INSTALLERS

個別にプラグインを選んでダウンロードしたい場合は、[INDIVIDUAL PLUG-IN INSTALLERS]からダウンロードします。
※ちなみに、結構サーバ重いので、時間かかります(2020年5月の情報)。

McDSP INDIVIDUAL PLUG-IN INSTALLERS

というわけで、ここでは、個別に「Analog Channnel v6」をダウンロードしてみます。

ダウンロードしたら.exeファイルを実行してインストールします。

McDSP インストール

途中でユーザー名と会社名を要求されますので入力します。
※特に控えておく必要はないようです。

McDSP ユーザー名と会社名を入力

③ アクティベーションとプラグインの起動

インストールが完了したら、お使いのDAWを起動します。

すると、McDSPのiLok認証画面が立ち上がりますので、[Try]をクリックします。

McDSP iLokアクティベーション

もし、DAWを立ち上げても、McDSPの認証画面が立ち上がらない場合は、プラグインフォルダのインストール場所が間違っている場合があります。

DTM部長
DTM部長
ちなみに私の場合、以下ディレクトリに.dllファイルがインストールされていました。

C:\Program Files\Common Files\Steinberg\VST2

以下の記事を参考にして、正しいディレクトリにプラグインファイルを移動してください。

次に、iLokのアカウントにログインします。
※この時、インターネットに接続している必要があります。

McDSP iLokアカウントにログイン

ログインが成功すると、iLokの認証に使うデバイスを選択して[Next]をクリックします。

パソコン本体は選択できなかったので、対応しているのはクラウド認証とUSBのみだと思われます。

McDSP iLok認証デバイスを選択

最後にデモの有効期限が表示されるので、確認して[Continue]をクリックします。

なお、McDSPでは、デモが使用できるのは14日間になります。

McDSP デモの有効期限

これで、DAWでプラグインが使えるようになっています。

MIDIトラックへドラッグ&ドロップするなどすれば、McDSPのプラグインが起動します。

McDSP DAW上でプラグインを起動

なお、iLok Cloudで認証する場合は、今後も、プラグインを使っている間、インターネットに接続している必要があります。

まとめ

プロ御用達のプラグインメーカー「McDSP」について、その概要から、デモプラグインの使い方まで、なるべく分かりやすく解説しました。

この記事の内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • McDSPとは、ハード機材とプラグインのメーカー。
  • DSPタイプからの背景もあり、スタジオエンジニアに良く使われている。
  • おすすめは、6050 Ultra Channel Strip。
  • 年額/月額でプラグインが使えるサブスクリプションプランもある。

McDSPがどんな立ち位置のメーカーであるか、イメージが付きましたでしょうか。

本記事で解説した通り、プロの現場でスタンダードとして使われているので、購入して間違いはないです。

ぜひ、興味があれば、デモからお試ししてみてください。

なお、他のサブスクも気になる人は、以下の記事もチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です