ソフト音源・シンセ

NI「FM8」はまだ購入する価値がある?音質・機能・CPU負荷のレビューと使い方。【2020年】

NI「FM8」はまだ購入する価値がある?音質・機能・CPU負荷のレビューと使い方。【2020年】

Native Instruments(NI)のソフトシンセ「FM8」。

FM方式のシンセは、一般的に操作するのが難しいとされるのにも関わらず、高い評価を得ているこのシンセの人気の理由を探るために、改めてレビューを行いました。

また、アップデートを繰り返してきたプラグインの最新版の動作確認を行い、音質・機能・CPU負荷などを評価し、2020年現在でも使う価値があるのかどうかをジャッジしてみました。

この記事は、DTM歴7年で楽曲のリリース経験もある現役トラックメイカーDTM部長(@dtmbu)が書いています。

この記事で分かること
  • FM8ってどんなシンセ?なぜ人気があるの?
  • 音質・機能・CPU負荷はどんな感じ?

FM8とは?

native instruments fm8

「FM8」とは、ドイツのNative Instruments社が開発しているソフトシンセです。

80~90年代に爆発的人気を誇った「YAMAHA DX7」をモデルにして設計されたFM方式のソフトシンセです。

一般的に操作が難しいFMシンセですが、見やすいGUIと操作をサポートする機能によって比較的音作りがしやすいため、世界中で人気があります。

また、アルペジエイターが高機能なので、FM8だけで本当に幅広いフレーズが作れてしまいます。

スペック内容
価格20,100円
※2020年5月時点(最新価格をチェック
発売時期2006年
音源方式FM方式
プリセット音色1,200以上
オシレータ
(オペレータ)
6基+ノイズ1基
32以上の波形
フィルター1基
エフェクト12(同時使用可能)

なお、「シンセの方式の違いって何?」という人は、以下の記事を参考にしてみてください。

それでは、このソフトシンセについてレビューした結果を解説していきます。

FM8の音質の特徴は?

FM8の音質の特徴を知るために、まずはモデルとされているYAMAHAのシンセ「DX7」のサウンドを聴いてみてください。

こちらは、誰もが知っている1980年代のヒット曲「a-ha – Take On Me」です。

頭から入ってくるギラついたシンセの音が、まさにFMシンセのサウンドです。

そもそもDX7が流行ったのは1980~1990年代なので、ちょっと古い曲になりますが、もう少し新しい使い方も紹介します。

以下の動画は、テクノ・エレクトロニックミュージックのアーティストで、テクノデュオ「Lakker」のメンバーでもある「Eomac」が実際にFM8を使ってワークショップを行っている動画です。

彼は、このシンセに搭載されているノイズオシレーターとFM合成を利用して、ザラザラとしてパワフルなテクスチャを作りだしています。

このように、FM8は、どちらかというと曲の中で目立つ、刺激が強めなサウンドを得意としています。

chat face=”JET_アイコン.jpg” name=”DTM部長” align=”right” border=”none” bg=”yellow” alt=”DTM部長”] もちろん、柔らかなパッドも作ることもできます。 [/chat]

FM8を使うメリットは?

それでは、概要が分かったところで、実際に使ってみて、「コレ、良いな!」と思ったポイントについて、より詳しく解説していきます。

使うメリット
  1. FMシンセなのに使いやすい
  2. 軽くて動作が安定している
  3. アルペジエイターが高機能

① FMシンセなのに使いやすい

fm8 FMシンセなのに使いやすい

FM変調により音を合成して音作りを行うFMシンセは、オシレーターどうしの変調パターンを組み立てていくのがとても大変です。

しかし、FM8はFX合成のマトリックスが見やすいデザインになっていたり、「Easy/Morph(イージー・エディット・ページ)」という、4つのプリセット音源を選んでノブを操作するだけで、簡単にFM合成ができる機能が搭載されているため、比較的操作しやすいです。

DTM部長
DTM部長
この使いやすさが、このシンセの最大の特徴であり、人気の理由になっています。

② 軽くて動作が安定している

fm8 軽くて動作が安定している

DAWで使ってみたときに一番驚いたのが、その負荷の軽さでした。

実際に、DAW上でプラグイン1台を起動して演奏したときのCPU負荷は、ほとんどが1%で、重いプリセットでも2%を超えることはありませんでした。

起動も速く、Ableton Liveの付属プラグイン(軽いことで有名)に負けず劣らずという感じです。

タクヤくん
タクヤくん
そんなに軽いんだなー、意外だわ。それなら低スペックなノートパソコンとかでも十分使えそうだね。 

③ アルペジエイターが高機能

もうひとつの魅力が、高機能なアルペジエイターです。アルペジエイターというよりは、むしろステップシーケンサーのような使い方ができます。

具体的には、ランプをクリックしてノートの発音をON/OFFしたり、メロディーのシーケンスを組むことができます。

実際に、ファクトリープリセットを試聴すると分かりますが、このステップシーケンサーによって、フレーズ作りのアイディアを飛躍させることができます。

DTM部長
DTM部長
一般的にアルペジエイターというのは、決められたリズムパターンから選ぶだけのものですからね。。

FM8を使う上での注意点は?

次に、購入を考えている人のために、買う前に注意しておきたいポイントについてご紹介します。

注意ポイント
  1. 狙ったサウンドを作るのは難しい
  2. ワブルベースのようなウネる系の音は苦手

① 狙ったサウンドを作るのは難しい

fm8 狙ったサウンドを作るのが難しい

より簡単な操作で、感覚的に音作りができるように設計されていますが、頭に描いたサウンドを簡単に表現できるのかと言えば、そういうタイプではないです。

このシンセに限った話ではないですが、FMシンセは、オシレータ同士を変調させたときに、どのような音になるのかを予想するのが難しいです。

そのため、最初から頭の中に描いたサウンドを狙って作れるようになるためには、相当な経験と勘が必要になると思います。

DTM部長
DTM部長
それでも、自分では考えつかないような音が作れたりするので、触っていてとても楽しいです。

② ワブルベースのようなウネる系の音は苦手

fm8 ワブルベースのようなウネる系の音は苦手

先ほどと似た話ですが、基本的なシンセの仕組みの違いとして、このシンセには、流行りのウェーブテーブル方式で音作りをする機能はありません。

そのため、ワブルベースのような、動きのある音を作るのは難しいといえます。

逆に、ギラついた金属的なニュアンスの音に関しては、とても得意です。

DTM部長
DTM部長
欠点とかではなくて、シンセには得手不得手があるので、そこは使い分けた方が効率的だという話です。

FM8の評価は?

実際に制作でこのシンセを使っている人は、どんな風に活用したり、どんな感想を持っているのかについて、Twitterから意見を拾ってみました。

タクヤくん
タクヤくん
本当に幅広い音が作れるんだねー!けど、やっぱり操作が難しいという声もあるので悩みどころ。

FM8の無料お試し方法は?

このシンセは、ユーザー登録不要でデモ版をお試しすることができます。

ただし、プリセットの保存ができないのと、30分に1回再起動が必要になるという機能制限があります。

お試し方法
  1. デモ版のダウンロードとインストール
  2. DAW上でプラグインを起動

① デモ版のダウンロードとインストール

FM8のWebサイトにアクセスして、[デモ]をクリックします。

fm8 Webサイトにアクセス

メールアドレスを入力して[GET DOWNLOAD LINK]をクリックします。

fm8 デモのダウンロードリンクを入手

入力したメールアドレスに届いたメール本文にあるURLをクリックします。

fm8 メール確認

するとブラウザが開いてダウンロードページにアクセスするので、お使いのOSに合ったものをダウンロードします。

fm8 デモをダウンロード

ダウンロードした.zipファイルを解凍して、.exeファイルを実行してFM8のデモ版をインストールします。

fm8 デモのインストール

② DAW上でプラグインを起動

インストールが完了したら、お使いのDAWを立ち上げてプラグインを起動します。

同時に表示されるウィンドウで[Run demo]をクリックするとデモ版として動作します。

fm8 DAW上でプラグインを起動

なお、このとき、プラグインフォルダにFM8が表示されていなかったり、上手く起動できない場合は、以下の記事を参考にして設定を見直してみてください。

FM8の使い方は?

それでは、このシンセの操作方法について、なるべく簡単に解説していきます。

より詳しく知りたい人は、FM8の公式マニュアル(英語)を参照ください。

使い方
  1. プリセットの選択
  2. 画面表示の設定
  3. オシレーターの使い方
  4. フィルターの使い方
  5. エフェクトの使い方
  6. モジュレーションの使い方
  7. アルペジエイターの使い方

① プリセットの選択

プリセットを選択するには、画面左側のナビゲーターメニューにある[Browser]をクリックします。

あとは、File Browserを見てフォルダを選択していくだけです。また、🔍(虫眼鏡)マークをクリックすると、キーワード検索も可能です。

fm8 プリセットの選択

② 画面表示の設定

画面サイズの変更メニューはなく、スキンも1種類のみです。

ただし、操作画面とキーボードは、それぞれ表示・非表示を切り替えることができます。

fm8 画面表示の設定

③ オシレーターの使い方

ナビゲーターにある[Ops]をクリックすると、オシレーターの一覧画面が開きます。

オシレーターが6基(A~F)搭載されており、画面右側のMatrixで、各OSCを接続してFM変調させることができます。

fm8 オシレーターの使い方

個別のオシレータの設定

[A]~[F]のいずれかをクリックすると、それぞれ個別のオシレーターの設定画面が開きます。

32種類から波形を選択したり、エンベロープを設定することができます。

fm8 個別のオシレーター画面

FM Matrixの使い方

FM8において最も重要な、「FM Matrix」の見方について説明していきます。

まず、各アルファベットは以下のユニットを表しています。

A~Fオシレーター
Xノイズ
Zマルチモードフィルター
IN外部入力オーディオ

マトリックスの一番下の2段がOutput(上段:音量、下段:PAN)になるので、ここにルーティングすると音が出ます。

ルーティングの方法は、クリックしたまま上下にドラッグするだけです。

fm8 FMマトリックスの基本操作

各ユニットは、右クリックでON/OFFを切り替えられます。

そして、各ユニットをルーティングさせることで、オシレーターどうしでFM変調をかけることができます。

fm8 FMマトリックスの変調

また、ダブルクリックでルーティングを解除することもできます。

④ フィルターの使い方

ナビゲーターにある[Z]をクリックすると、フィルターの設定画面が開きます。

パラメータを設定したら、FX Matrixで、オシレーターが、[Z]を経由してOutputに接続するようにルーティングします。

fm8 フィルターの使い方

⑤ エフェクトの使い方

ナビゲーターから[Effects]をクリックすると、エフェクト画面が開きます。

左側のランプをクリックすることでエフェクト適用のON/OFFを変更することができます。

fm8 エフェクトの使い方

なお、エフェクトを適用する順番を入れ替えることはできないようです。

⑥ モジュレーションの使い方

ナビゲーターから[Mod]をクリックすると、モジュレーションのマトリックス画面が開きます。

LFOが2基搭載されており、それぞれのLFO波形を選択することができます。

アサインはマトリックス上で線を接続することで適用できます。

fm8 モジュレーションの使い方

見た目はややこしいですが、全てのモジュレーションが1画面で見れるので、慣れてくると、非常に見やすいと感じると思います。

⑦ アルペジエイターの使い方

ナビゲーターから[Arpeggiater]をクリックすると、アルペジエイターが開きます。

FM8のアルペジエイターはとても高機能で、アルペジエイターというよりは、むしろステップシーケンサーです。

ランプをクリックしてノートの発音をON/OFFしたり、Note Orderでメロディーラインを設定することができます。

fm8 アルペジエイターの使い方

まとめ

Native InstrumentsのFMシンセ「FM8」について、その音質・機能・CPU負荷などを評価しました。

この記事で解説した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • FM8とは、Native InstrumentsのFMシンセ。
  • 音作りをサポートしてくれる機能が充実しているため、FMシンセにしては操作しやすい。
  • 軽くて動作が安定しているのでストレスにならない。
  • アルペジエイターが高機能でとても使える。
  • 購入する前には、FMシンセがどういうものなのかを理解しておくべき。

結果としては、「今でも購入する価値は十分にある。ただし、FMシンセのサウンドを自分が求めているかどうかを事前に確認しておくべき」というのが結論になります。

また、FMシンセ自体が他のシンセとは違って特殊なタイプなので、初心者の最初の1台として購入する場合などは、後で後悔しないためにも、その辺りを踏まえた上で購入を検討してみてください。

なお、他にもおすすめが知りたい人は、以下の記事もご覧になってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です