音楽理論

【必読】リズムとテンポの違いとは?音楽の拍子とBPMを理解しよう。

リズムとテンポ/DTMですぐに使える音楽理論講座

音楽を作るためには、リズムとテンポの違いを正しく理解しておくことが重要です。

また、DAWで打ち込みをするためには、拍子の概念について理解しておきたいところです。

面倒くさくて、すっ飛ばしてしまいがちな基礎知識ですが、理解しておくのとそうでない場合とでは、アイディアの発想スピードが大きく変わってきます。

そこで、DTM歴7年でリリース経験もある現状のトラックメイカーが、リズムとテンポについて解説します。

この記事でわかること
  • リズムとテンポの違いは?
  • 曲作りに活かせる

リズムとテンポの違いは?

それぞれを一言で簡単に表すと、以下の通りです。

リズム:音が鳴るタイミング(間隔)
テンポ:楽曲が再生されるスピード

リズムが変わると、音楽のジャンル自体が変わってしまいますが、テンポが変わっても、何とか元のジャンルの雰囲気は残ったままになります。

タクヤくん
タクヤくん
ん?イマイチ理解できたような分からないような・・?

という訳で、それぞれについて詳しく解説していきます。

テンポとは?

まず、理解しやすいテンポから説明していきます。

「テンポ(BPM)」とは、パターンが演奏されるスピードのことです。

「BPM」は「Beats Per Minute」の略で、1分間に何回ビート(拍)を刻むかで表します。

例えば、ある音楽のテンポが「120BPM」だという場合、1分間に120回のビート(拍)が含まれることを意味します。

1分間 = 60秒 なので、

  • 1秒に1回、音を刻むと、そのBPMは「60」になります。
  • 1秒に2回、音を刻むと、そのBPMは「120」になります。

DAWソフトでは、このBPM(テンポ)を設定することで、曲のテンポを決めます。

DAWのBPM

曲のジャンルによってテンポが変わる

曲のジャンルによって、だいたいのテンポが決まっています。

例えば、4つ打ちのEDMだとBPM:128くらいです。

タクヤくん
タクヤくん
そこまで具体的に決まってるものなのか!

その他、ジャンルによる目安のBPMについては、以下の記事でくわしく紹介しています。

リズムとは?

リズムとは、一定の間隔で規則的に鳴る音のパターン(タイミング)のことです。

具体的には、ドラム(キック、スネア、ハイハットなど)の音が鳴るタイミングの違いが、リズムの違いになります。

もちろん、手拍子をするときの、「パンッ、パンッ」という音も、立派なリズムです。

それでは、リズムを構成する要素について、もう少し詳しく説明していきます。

リズムを構成するもの
  1. 拍(ビート)
  2. 1拍の長さとBPMの関係
  3. 拍と音符
  4. 拍子(≒リズム)

① 拍(ビート)

音楽理論でいう、「拍(ビート)」とは、手を叩いてリズムをとるとき、

パンッ」という音が鳴ってから、次の「パンッ」が鳴るまでの間の時間のことです。

パンッ」と音が鳴る一瞬のタイミングではなく、「パンッ」から「パンッ」までの間の時間です。

拍とは

DAWのメトロノームをONにして再生ボタンを押すと、「カッカッカッカッ」と音が鳴りますが、これは「拍(ビート)」を刻むタイミングが分かるようにしているのです。

② 1拍の長さとBPMの関係

1拍の実時間の長さは、テンポ(BPM)によって決まります。

BPMが速くなると、1拍の時間は短くなります。

BPMと拍の関係

逆にBPMが遅くなると、1拍の時間は長くなります。

BPMと拍の関係2

実際に、DAWのメトロノーム音を再生しながら、BPMを上げ下げしてみると分かりやすいです。

タクヤくん
タクヤくん
うんうん、これは感覚的に理解できるかなー!

③ 拍と音符

ここまで、1拍、1拍と説明してきましたが、この1拍は、楽譜上の音符として表すと、

1拍=4分音符

になります。

4分音符とは、1小節を均等に4分割した長さの音のことです。

小節と音符

そのため、DAWでBPMを設定して、メトロノームを鳴らしたとき、「カッ」と鳴る1拍の長さは、基本的に、4分音符の長さになっています。

DTM部長
DTM部長
4分音符はリズムの基本です!これを忘れると混乱するので、しっかり理解しておいてください。

例えば、BPMが120の場合、1分間に4分音符が120回鳴っているということです。

④ 拍子(≒リズム)

「拍子(≒リズム)」とは、決められたタイミングで規則的に音が鳴るパターンのことです。

先ほど説明した「パンッ」の並び方のことです。

拍子の表記は、「4/4」とか、「3/4」という具合に表されます。

N/N拍子と表し、分母が1拍になる音符の種類、分子が1小節に入る音符の数を表します。

  • 分子:1小節に入る音符の数
  • 分母:1拍になる音符の種類
拍子の作り方

たとえば、4/4拍子は、1小節を4分割した音の長さで、1小節に4回音を鳴らすということです。

キックドラムの音が「ドンッ、ドンッ、ドンッ、ドンッ」と4回で1小節になっているEDMのリズムですね。

なお、3/4拍子なら、4分音符が3回で1小節。

2/4拍子なら、4分音符が2回で1小節になります。

拍子が変わると1小節の長さが変わる

このように、N/Nの表現しだいで、リズムは無数にあります。

ただし、世の中のほとんどの曲は、4分音符がベースとなって作られています。

DAWソフトでは、BPMの横に拍子の設定があります。

DAWの拍子

拍子を変更することで、変更した拍子に合わせて、メトロノームの音の鳴ります。

まとめ

音楽を作る上で最も重要な、リズムとテンポの考え方について、解説しました。

この記事で解説した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • テンポはBPMによって決まる。
  • 1拍は基本的に4分音符の長さ。
  • 拍子は1小節に含まれる音符の数で決まる。

リズムとテンポが分かるようになれば、曲作りの際に、DAWでリズムを作るときに、めちゃくちゃ楽に作ることができます。

また、メロディーやバッキングを鳴らすリズムも作りやすくなります。

しっかり理解して、いろんなリズムパターンにチャレンジしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です