音楽理論

トニック、ドミナント、サブドミナントとは。【コードの役割と展開パターン】

トニック、ドミナント、サブドミナント/DTMですぐに使える音楽理論講座

「トニック、ドミナント、サブドミナントって聞いたことあるけど、何のことなの?」「それを知って何がうれしいの?」という人へ。

DTM歴7年で楽曲リリース経験のある現役トラックメイカーが、トニック、ドミナント、サブドミナントについて、初心者向けに分かりやすく解説します。

この記事で分かること
  • トニック、ドミナント、サブドミナントとは?
  • これらは何をするためのもの?

トニック、ドミナント、サブドミナントとは

トニック、ドミナント、サブドミナントとは、音楽のコード(和音)の持つ役割のことです。

コード(和音)には、出だしで使うコード終わりに使うコードなど、それぞれ役割(使いどころ)が決まっており、それによってコード進行が決まります。

ちなみに、「コードそもそも何?」という人は、先に以下の記事から読んで頂くことをおすすめします。

この記事では、それぞれのコードの役割について、より詳しく解説していきます。

コードの役割の種類は、以下の通りです。

コードの役割
  1. トニック(T)
  2. ドミナント(D)
  3. サブドミナント(S)
  4. サブドミナントマイナー(SM)

それでは、それぞれのコードの役割を解説していきます。

トニック(T)とは

「トニック(主音)」とは、スケール(音階)の最初の音(階名:Ⅰ)をルート音にしたコードで、Cメジャースケールなら、「C」に該当します。

また、3番目(階名:Ⅲ)の「Em」、6番目(階名:Ⅵ)の「Am」も代理コードといって、「C」と同様にトニックと同じ役割として使うことができます。

トニック_Cメジャー

トニックは最も安定している状態の音で、感情のイメージとしては、落ち着く、安定感、終止感がある、などです。

進行の特徴としては、フレーズの始めや終わりで使われ、どの役割のコードにも進行できます。

トニック(T)の特徴

タクヤくん
タクヤくん
なるほど、代理コードのEmとかAmから曲を始めても問題良いってことね!

ドミナント(D)とは

「ドミナント(属音)」とは、スケール(音階)の5番目の音(階名:Ⅴ)をルート音にしたコードで、Cメジャースケールなら、「G」に該当します。

また、7番目(Ⅶ)の「Bdim」も代理コードとして、使用することができます。

ドミナント_Cメジャー

ドミナントは、不安定な状態の音で、感情のイメージとしては、クライマックス・緊張・不安などです。

進行の特徴としては、フレーズの途中で使われ、トニック(T)に進みたがります。

ドミナント(D)の特徴

サブドミナント(S)とは

「サブドミナント(下属音)」とは、スケール(音階)の4番目の音(階名:Ⅳ)をルート音にしたコードで、Cメジャースケールなら、「F」に該当します。

また、2番目(Ⅱ)の「Dm」も代理コードとして、使用することができます。

サブドミナント_Cメジャー

サブドミナントは、少し不安定な状態の音で、感情のイメージとしては、何か始まりそうな予感がする音です。

進行の特徴としては、フレーズの途中で使われ、どのコードにも進行できます。

サブドミナント(S)の特徴

サブドミナントマイナー(SM)とは

サブドミナントマイナー(SM)

知らない人が多いかもしれませんが、サブドミナントマイナー(SM)というコードの役割も存在します。

「サブドミナントマイナー(SM)」とは、「サブドミナント(S)」をマイナーコードにしただけのものです。

先ほど説明した通り、「サブドミナント(S)」は、音階の4番目の音(音階:Ⅳ)をルート音にしたコードなので、Cメジャースケールなら、「F」に該当しましたよね。

その「F」をマイナーコードにするので、「Fm」になります。

また、2番目(Ⅱ)の「Dm」を変化させた「Dm7dim」なども代理コードとして使うことができます。

サブドミナントマイナーも、サブドミナント同様、少し不安定な音です。

進行の特徴としては、サブドミナント(S)以外のどのコードにも進行できます。

サブドミナントマイナー (SM)の特徴

コードの役割から決まる並び順

先ほど説明したコードの役割によって、コード進行の並び順については、だいたいパターンが決まってきます。

この、コード進行のパターンのことを「カデンツの法則」といいます。

それでは、どんなパターンがあるのか解説していきます。

コード進行のパターン
  • 3つのコードのパターン
  • 4つのコードのパターン
  • 5つのコードのパターン

3つのコードのパターン

たとえば、3つのコードで展開を作るときは、以下のような感じです。

  • T → D → T
    (例:C → G → C)
  • T → S → T
    (例:C → F → C)
  • T → SM → T
    (例:C → Fm → C)

4つのコードのパターン

また、4つのコードで展開を作るときは、こんな感じです。

  • T S SM T
    (例:C → F → Fm → C)
  • T S D T
    (例:C → F → G → C)
  • T SM D T
    (例:C → Fm → G → C)

5つのコードのパターン

5つのコードで展開を作るときは、こんな感じです。

  • T → S → SM → D → T
    (例:C → F → Fm → G → C)

もちろん、音楽理論に絶対はないので、これ以外の並びでコード進行をつくっても全然問題ありません。

ただ、世の中のほとんどの音楽のコード進行は、カデンツの法則通りの並びになっているということは事実です。

DTM部長
DTM部長
法則通りといっても、曲のキーやスケールが変われば、使うコードも変わるので、組み合わせは何通りもあります。

まとめ

音楽のコードの持つ役割について、詳しく解説してみました。

この記事で解説した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • トニック(T):階名Ⅰ・Ⅲ・Ⅵのダイアトニックコード
  • ドミナント(D):階名Ⅴ・Ⅶのダイアトニックコード
  • サブドミナント(S):階名Ⅱ・Ⅳのダイアトニックコード
  • サブドミナントマイナー(SM):サブドミナントをマイナーにしたもの

コードの役割を知ることは、コード進行を作るためにとても重要です。

役割を理解して、どんどん曲作りをしていきましょう。

タクヤくん
タクヤくん
ちなみに、具体的なコード進行の作り方も教えてほしいんだけど!

という人は、以下の記事も参考にしてみてください。

その他の音楽理論の記事については、以下にまとめています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です