音楽理論

【3分で分かる】音楽のコードとは。ルールは3つだけ。

音楽のコードとは/DTMですぐに使える音楽理論講座

音楽におけるコードについて、「聞いたことはあるけど、曲作りにどのように活かせば良いのか、イマイチよく分かってない!」という人へ。

DTM歴7年の現役トラックメイカーが、全く知らない人でも、コードを理解して曲作りに活かせるように、分かりやすく解説します。

この記事でわかること
  • コードって何?
  • コードを知っていると曲作りにどう活かせるの?

音楽のコードとは?

コードとは

「コード(和音)」とは、同時に演奏された2つ以上の音のことです。

厚みのある響きが特徴で、単音のメロディーラインを引き立たせるための「背景」のような役割を担っています。

基準となる単音に、音を重ねることでコードを作ることができます。

音楽のコードの作り方は?

それでは、実際にコードを成り立たせている要素について説明します。

コードは、以下の3つの要素によって成り立っています。

コードの作り方
  1. ルート音
  2. 重ねる音の数
  3. 重ねる音のインターバル

① ルート音

「ルート音(根音)」とは、コードにおいて、一番音程の低い音のことです。

ルート音は、C(ド)~B(シ)までの音階で、12個存在します。ルート音を基準として、異なる音を足すことでコード(和音)を作ります。

ベースなどの音域が低い楽器においては、ローインターバルリミットの問題があるため、ルート音だけを演奏する場合が多いです。

ちなみに、ルート音は「トニック(主音)」とよく混同されがちですが、トニックはスケール内の基準となる音のことです。

② 重ねる音の数

コードを構成する音の数は、主に以下の通りです。

色々な種類があってややこしそうに見えますが、ルールはとても単純です。

  • 2和音(ダイアド)
  • 3和音(トライアド)
  • 4和音(テトラッド)
  • 5和音

2和音コード(ダイアド)

ロックやパンクのギターでよく使われるパワーコードです。

構成音が2つだけなので、音の濁りが少なく、とてもインパクトのある響きになることから、パワーコードと呼ばれています。

2和音の構成音は、ルート音(Root)、3度(3rd)です。

2和音の構成音
  1. ルート音(Root)
  2. 3度(3rd)

3和音コード(トライアド)

和音の中で、最もよく使われるコードです。メジャーコード、マイナーコードをはじめとして様々な種類があります。

3和音の構成音は、ルート音(Root)、3度(3rd)、5度(5th)です。

DTM部長
DTM部長
ちなみに、2和音は、3和音から5度(5th)を抜いただけです。

3和音の構成音
  1. ルート音(Root)
  2. 3度(3rd)
  3. 5度(5th)

4和音コード(テトラッド)

セブンスコードやシックススコードです。3和音よりも、オシャレな響きが特徴です。

4和音の構成音は、3和音に、シックススコードなら6度(6th)を、セブンスコードなら7度(7th)を足しただけです。

4和音の構成音
  1. ルート音(Root)
  2. 3度(3rd)
  3. 5度(5th)
  4. 6度(6th) or 7度(7th)

5和音コード

テンションコードと呼ばれる和音です。ジャズなどで多用されます。

5和音の構成音は、4和音をベースとして、さらに1音追加することで作られます。

5和音の構成音
  1. ルート音(Root)
  2. 3度(3rd)
  3. 5度(5th)
  4. 6度(6th) or 7度(7th)
  5. 任意(9、11、13など)

③ 重ねる音のインターバル

ルート音と、足した音のインターバルによって、メジャーやマイナーなどのコード名が決まります。

例として、メジャースケールの構成音で、ルート音を「C(ド)」として、2つ音を足して構成される3和音を作ってみます。

CEG(ドミソ)
  1. ルート音(Root)は、「C(ド)」です。
  2. 3度(3rd)は、「E(ミ)」です。
  3. 5度(5th)は、「G(ソ)」です。

これで、「CEG(ドミソ)」という3和音が出来上がりました。

ここで、こちらのページを参照して、この3和音の構成音のインターバルを確認します。

すると、ルート音(Root)である「C(ド)」と、3度(3rd)の「E(ミ)」のインターバルは、半音4つで「長3度(Major 3rd)」になっていることが分かります。

ピアノロール_Cメジャーコード

構成音に長調(Major)が含まれていれば、そのコードの調は、長調(Major)になります。

よって、この3和音は、ルート音が「C」で調が「長調(Major)」の「Cメジャーコード(CMaj)」になる訳です。

同様にルート音(Root)を「F」として3和音をつくると、Fマイナーコードになります。

ピアノロール_Fマイナーコード

なお、スケールからつくられたコードは、それぞれ、以下の通りになります。

  • メジャースケールの構成音でつくった3和音
    =「メジャーコード
  • マイナースケールの構成音でつくった3和音
    =「マイナーコード

なお、C~Bをルート音とした12種類のコードのことを、「ダイアトニックコード」といいます。

DTM部長
DTM部長
ダイアトニックコードはコードの中でも最重要なので、しっかり理解してください。

ダイアトニックコードについては、以下の記事でより詳しく解説しています。

リンク準備中

音楽のコードを知るメリットは?

コードを知ることで、曲作りにおいてどんなメリットがあるのでしょうか。

コードを知るメリットは、以下の通りです。

コードを知るメリット
  1. 曲の展開がつくれる
  2. メロディーが作りやすい

① 曲の展開がつくれる

良いメロディーを1フレーズだけ作っただけでは曲は完成しませんよね。

曲には展開があり、タイムラインに沿って曲が進むにつれて、メロディーも変わっていきます。

コード理論をしらない場合、ひとつのメロディーから、他のパターンを展開させていくのはとても大変です。

コードを理解していれば、メロディーに合うコードを見つけやすいです。また、コード進行を理解することで、そこから展開出来るコードを見つけられます。

② メロディーが作りやすい

コードを決めると、そのコードに合うメロディーが作りやすくなります。

というのも、コードを構成している音を使ったり、同じスケールの音を使うことで、コードにマッチしやすくなるためです。

タクヤくん
タクヤくん
オリジナリティは失われないの?

という心配をされる人もいるかと思います。

しかし、完全にコードの知識なしで作曲するのは、かなり無理があります。というか時間がかかりすぎるし、ネタもすぐに尽きてしまいます。

どのような順番で並べればよい?

コードを順番に演奏することで、曲に展開をつけることができます。

このコードの並びのことを、「コード進行」といいます。

コード進行の作り方については、以下の記事で詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

まとめ

コードを成り立たせている要素や、コードの作り方について解説しました。

この記事で解説した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • コード(和音)とは、同時に演奏された2つ以上の音。
  • コードはルート音、重ねる音の数、重ねる音の音階で成り立つ。
  • コードを知ると、効率よく作曲できるようになる。

コードは、ポップスをはじめとして、ほとんどの楽曲を作曲するために必須となる知識です。

ぜひ理解して、自分のものにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です