音楽理論

【簡単に分かる】音楽のインターバルとは。2つの音のハーモニー。

インターバルとは/DTMですぐに使える音楽理論講座

音楽理論において、最も重要な「インターバル」について解説します。

インターバルは、音楽理論の中でも理解するのが最も難しい用語のひとつですが、音楽理論を理解して使いこなすために、最も重要な知識でもあります。

そこで、DTM歴7年の現役トラックメイカーが、全く音楽知識のない初心者の人でも理解できるように、インターバルについて、分かりやすく解説します。

この記事で分かること
  • インターバルとは?
  • 度数とは?

はじめに

スケールとは、1オクターブ内における、音の並び方のルールのことでした。

スケールでは、1つ1つの音の位置に注目しましたが、皆さんがよく耳にする音楽では、ほとんどの場合で、いくつかの音が同時に鳴っていますよね。

2つの音を組み合わせた時の、音の響きのルールを定めたのが、インターバルです。

インターバルとは2つの音を同時に鳴らした時のハーモニー

そのため、インターバルはコード(和音)を理解する上でとても重要になります。

なお、スケールがまだイマイチ理解できていない人は、こちらの記事から先に読んで頂くと、スムーズに理解が進むのでおすすめです。

音程とは?

本題に入る前に、まず「音程」という用語の定義を知っておきましょう。

ややこしいことに、「音程」という用語は、以下の2つの意味で使われています。

音程の意味
  1. ピッチ(音の高さ)
  2. インターバル(2つの音の距離)

① ピッチ(音の高さ)

1つ目は、「音程(ピッチ)」としての意味で、単純な音の高さ(音高)のことです。

カラオケで、「この曲、めっちゃ音程が高い~」とか言いますが、アレのことです。

ピッチとしての音程

② インターバル(2つの音の距離)

2つ目は、「音程(インターバル)」としての意味で、2つの音の距離のことです。

「インターバル」とは、2つの音がどれくらい離れているかを表しており、音楽理論的には、こちらの意味で使われることが多いです。

音程とは

それでは、「インターバル」について、より詳しく解説していきます。

インターバルとは?

「インターバル」とは、2つの音の距離のことで、「度数(どすう)」という単位を使って表現します。

DTM部長
DTM部長
「度数」とは、それぞれの音程(2つの音の距離)に名前を付けただけのものです。 
タクヤくん
タクヤくん
ちょっとよく意味が分からないですねー。

たとえば、Cメジャースケールを例にして説明します。

Cメジャースケールのトニック(主音)である「C」を基準として、「C」と他の音との音程(距離)が度数になります。

基本的に、トニック(主音)と同じ音は1度と数え、白鍵上で隣接する音は2度、その隣の音は3度・・という風に順番に数えます。

ピアノロール_Cメジャースケール_度数
  • CとCの音程(距離)・・・1度
  • CとDの音程(距離)・・・2度
  • CとEの音程(距離)・・・3度
  • CとFの音程(距離)・・・4度
  • CとGの音程(距離)・・・5度
  • CとAの音程(距離)・・・6度
  • CとBの音程(距離)・・・7度
  • Cと次のCの音程(距離)・・・8度

タクヤくん
タクヤくん
ん?・・・同じ音は0度じゃないの?

と思われるかもしれませんが、スケールの度数では、同じ音は1度と呼ぶことになっているので、そういうものと覚えてください。

音程_度数

これら8パターンの「2つの音の組み合わせ」によって、音の響きの特徴が変わります。

インターバルの種類は?

各度数における2つの音の組み合わせを、響き方が似たものどうしを集めて、2つのグループに分けると、以下の通りになります。

  1. 完全系(1度・4度・5度・8度)
  2. 長短系(2度・3度・6度・7度)

① 完全系(1度・4度・5度・8度)

「完全系」とは、よく協和して響き合うということで、重ねた音が濁りなくハッキリと聞こえるのが特徴です。

2つの音が完全に共鳴し合い、澄み切ったような響きになるということから、完全系(パーフェクト)と呼ばれています。

完全系の度数

1度・4度・5度・8度

② 長短系(2度・3度・6度・7度)

完全系以外の音の組み合わせが、「長短系」になります。

長調と短調で響きが異なり、その響きはそれなりにハッキリしているものから、不協和音っぽいものまで様々な種類があります。

基本的には、長調だと明るい印象の響きに、短調だと暗い印象の響きになります。

長短系の度数

2度・3度・6度・7度

インターバルの記号は?

インターバル(音程)の記号は、以下のような種類があります。

インターバルの状態
  1. 完全音程(P)
  2. 長音程(Maj)
  3. 短音程(min)
  4. 増音程(aug)、重増音程
  5. 減音程(dim)重減音程

① 完全音程(P)

「完全音程」とは、よく協和して響き合う音程のことで、重ねた音が濁りなくハッキリと聞こえるのが特徴です。

2つの音が完全に共鳴し合い、澄み切ったような響きになるということから、完全音程と呼ばれています。

② 長音程(Maj)

長音程とは、明るい印象の響きの音程です。

「Major(メジャー)」を略して「Maj」あるいは単純に「M」と表記されます。

③ 短音程(min)

短音程とは、暗い印象の響きの音程です。

「Minor(マイナー)」を略して「min」あるいは単純に「m」と表記されます。

④ 増音程(aug)

増音程とは、完全音程から、インターバル(2つの音の距離)が遠くなった(広がった)音です。不安定な感じに聴こえるのが特徴です。

「Augumented(オーギュメント)」を略して「aug」あるいは単純に「+」と表記されます。

また、あまり使われることはないので、ここではさらっと紹介だけしますが、重増音程(ダブルオーギュメント)というものも存在します。

⑤ 減音程(dim)

減音程とは、完全音程から、インターバル(2つの音の距離)が近くなった(狭くなった)音です。不安定な感じに聴こえるのが特徴です。

「Diminished(ディミニッシュ)」を略して「dim」あるいは単純に「O」と表記されます。

また、あまり使われることはないので、ここではさらっと紹介だけしますが、重増音程(ダブルディミニッシュ)というものも存在します。

メジャースケールとマイナースケールのインターバル

それでは、メジャースケールとマイナースケールのインターバルを解説していきます。

先ほど説明した、ピアノロール上のインターバル(Cメジャースケール)を見ながら読んで頂くと、分かりやすいかと思います。

度数の種類
  1. 完全1度(PU)
  2. 長短2度(M2nd、m2nd)
  3. 長短3度(M3rd、m3rd)
  4. 完全4度(P4th)
  5. 完全5度(P5th)
  6. 長短6度(M6th、m6th)
  7. 長短7度(M7th、m7th)
  8. 完全8度(PO)
ピアノロール_Cメジャースケール_度数

① 完全1度(PU)

完全1度とは、全く同じ音を重ねた音の響きのことで、いわゆる「ユニゾン」です。Cメジャースケールでいえば、CとCの音程(距離)のことです。

「Perfect Unison (パーフェクトユニゾン)」を略して「PU」とも表記されます。

  • 完全1度:半音0つ(ピアノロールで0行)

② 長短2度(M2nd、m2nd)

長短2度とは、度数が2度の音の組み合わせです。Cメジャースケールでいえば、CとDの音程(距離)のことです。

長短2度は、いわゆる「不協和音」となる組み合わせです。この2つだけで鳴らすと違和感が大きいですが、3和音以上のコードとして鳴らすことで、様々な表情をつくることができます。

スケールによって、短2度か、長2度になります。違いは以下の通りです。

  • 短2度:半音1つ(ピアノロールで1行)。
  • 長2度:半音2つ(ピアノロールで2行)。
長短2度(M2nd、m2nd)

③ 長短3度(M3rd、m3rd)

長短3度とは、度数が3度の音の組み合わせです。Cメジャースケールでいえば、CとEの音程(距離)のことです。

長短3度は、「不完全協和音程」と呼ばれ、少ししんみりとした響きが生まれたりして、音楽にさまざまな変化を与えてくれます。

スケールによって、短3度と、長3度があり、違いは以下の通りです。

  • 短3度:半音3つ(ピアノロールで3行)。
  • 長3度:半音4つ(ピアノロールで4行)。

④ 完全4度(P4th)

完全4度とは、度数が4度の音の組み合わせです。Cメジャースケールでいえば、CとFの音程(距離)のことです。

はっきりと響くため、力強い印象を与えます。ロックやパンクなどのギターで使われるパワーコード(2和音)は、ほとんど完全4度か完全5度です。

「Perfect 4th (パーフェクト・フォース)」を略して「P4th」とも表記されます。

完全4度の他に、増4度(aug、オーギュメント)があります。

  • 完全4度:半音5つ(ピアノロールで5行)
  • 増4度(aug):半音6つ(ピアノロールで6行)

⑤ 完全5度(P5th)

完全5度とは、度数が5度の音の組み合わせです。Cメジャースケールでいえば、CとGの音程(距離)のことです。

はっきりと響くため、力強い印象を与えます。こちらもパワーコード(2和音)で使われています。

「Perfect 5th (パーフェクト・フィフス)」を略して「P5th」とも表記されます。

完全5度の他に、減5度(dim、ディミニッシュ)と増5度(aug、オーギュメント)があります。

  • 減5度(dim):半音6つ(ピアノロールで6行)
  • 完全5度:半音7つ(ピアノロールで7行)
  • 増5度(aug):半音8つ(ピアノロールで8行)

⑥ 長短6度(M6th、m6th)

長短6度とは、度数が6度の音の組み合わせです。Cメジャースケールでいえば、CとAの音程(距離)のことです。

長短6度は、「不完全協和音程」と呼ばれ、少ししんみりとした響きが生まれたりして、音楽にさまざまな変化を与えてくれます。

短6度と、長6度の違いは以下の通りです。

  • 短6度:半音8つ(ピアノロールで8行)。
  • 長6度:半音9つ(ピアノロールで9行)。

⑦ 長短7度(M7th、m7th)

長短7度とは、度数が7度の音の組み合わせです。Cメジャースケールでいえば、CとBの音程(距離)のことです。

長短7度も、「不協和音」となる組み合わせです。この2つだけで鳴らすと違和感が大きいですが、3和音以上のコードとして鳴らすことで、様々な表情をつくることができます。

短7度と、長7度の違いは以下の通りです。

  • 短7度:半音10つ(ピアノロールで10行)。
  • 長7度:半音11つ(ピアノロールで11行)。

⑧ 完全8度(PO)

長短8度とは、度数が8度の音の組み合わせです。Cメジャースケールでいえば、Cと次のCの音程(距離)のことです。

オクターブ奏法として使われます。

「Perfect Octave(パーフェクトオクターブ)」を略して「PO」とも表記されます。

  • 完全8度:半音12つ(ピアノロールで12行)

まとめ

音楽理論において、最も重要な知識であるインターバルについて説明しました。

この記事で説明した内容のポイントは以下の通りです。

  • インターバルとは、2つの音の距離のこと。
  • インターバルは度数で数える。
  • インターバルの記号は5種類。
  • 度数1~8のインターバルの特徴を知っておこう。

インターバルは、音楽理論を理解して自分のものにするために必要な知識です。

この記事を1回読んだだけで、すぐに理解できないかもしれませんが、実際にピアノロールに音符を書きながら慣れていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です