音楽理論

【3分で理解】音楽におけるスケール(音階)とは。

スケール(音階)とは/DTMですぐに使える音楽理論講座

「スケール(音階)」という用語を、聞いたことはあるけど、「イマイチ分からない!」というDTM初心者の人へ。

スケールを知らなくても、曲やメロディーを作ることはできますが、知っておくと、しっくりくるメロディーが、簡単に作れるようになるため、効率よく楽曲制作ができます。

そこで、DTM歴7年で国内外から楽曲リリース経験のあるトラックメイカーが、「スケール(音階)」について、分かりやすく解説します。

この記事でわかること
  • スケール(音階)とは?
  • スケール(音階) を知るメリットは?

スケール(音階)とは?

タクヤくん
タクヤくん
スケールってよく聞くけど、イマイチよく分かってないんだよね。

スケール(音階)について、解説する前に、まずは「トニック」を理解しましょう。

トニック(主音)とは?

「トニック(主音)」とは、1オクターブ内の基準となる音のことです。

カラオケで例えると、「キー」のことです。

曲やメロディーを作る時には、まずそのトニックを決める必要があります。

主音(トニック)はカラオケのキーと同じで基準となる音

鍵盤上のどの音をトニックにしても、問題ありません。

そして、決定したトニックは、スケール(音階)の開始音になります。

タクヤくん
タクヤくん
なるほど。作りたい曲のテンションに合わせてトニックを決めたら良いわけね。

スケール(音階)とは?

スケール(音階)とは、1オクターブ内の音を、とあるルールに従って、主音から順番に並べたもののことをいいます。

例えば、C(ド)をトニックとすると、「C・D・E・F・G・A・B」と並べたものが「Cメジャースケール」です。

スケール

そして、このCメジャースケールの並び方をそのままにして、基準の音であるトニックの位置を半音ずつズラしていくと、

Cメジャースケール
C#メジャースケール
Dメジャースケール
D#メジャスケール
Eメジャースケール



G#メジャースケール
Aメジャースケール
A#メジャスケール

Bメジャースケール

という具合に、トニックの違う12個のスケールに変わっていきます。

なお、「#(シャープ)」は、「半音高い音」を意味しており、ピアノの黒鍵を含めてひとつ隣の音です。

ちなみに、「半音低い音」を意味する「♭(フラット)」を使って表現してもOKです。

DTM部長
DTM部長
メジャースケールだけでも、聴こえ方の違うパターンが12個もある訳です。

ピアノロール上のスケール

さっそく使える知識として、より分かりやすくするために、DAWのピアノロール画面で、「Cメジャースケール」を打ち込んでみます。

Cメジャースケールは、白鍵の位置だけに、Cから順番に音を7個配置します。

DAWのピアノロール上では、白鍵と黒鍵で色が分けてあるので、とても分かりやすいですね。

Cメジャースケール

そして、全体の並び方はそのままにして、全体の位置をズラしてみます。

メジャースケールのトニック変更

すると、このように、トニックの違うメジャースケールになります。

タクヤくん
タクヤくん
なるほど。ズラすだけで、音の高さの違うスケールができる訳ね。

ピアノの鍵盤の場合、ズラすといっても、黒鍵の位置が微妙なところにあるので、ややこしいのですが、ピアノロールは白鍵・黒鍵ともに連続した行で並んでいるため、見た目に分かりやすいと思います。

鍵盤とピアノロールの違い

スケールの音の数

1オクターブ内には、半音で数えると12個の音が存在しますが、メジャースケールには、7個の音しか登場しません。

例えば、Cメジャースケールの場合、「C・D・E・F・G・A・B」の7個だけです。

スケールは12個の音から7個を選んだもの

この7個の音だけを使ってメロディーラインを作ると、メジャースケールのメロディーになる訳です。

また、スケールには、7個の音を使うものと、5個の音を使うものがあります。

スケールの種類代表的な音階
5音スケール・ペンタトニックスケール
・ブルーススケール
7音スケール・メジャースケール
・マイナースケール

タクヤくん
タクヤくん
なんで、7個か5個しか使わないの?

それが、気持ち良く聴こえる音の組み合わせだからです。

そのため、他の音を入れると、ちょっと違和感を感じるように聴こえてしまうのです。

DTM部長
DTM部長
「せっかく良いバランスでまとまったチームに、突然、異端児が入って来た!」みたいな感じになるんだよね。

スケールは、主音の位置並べ方音の数によって、「〇〇スケール」という名前の〇〇の部分が変わります。

そのため、「7個か5個だけ」といっても、その組み合わせは、数えきれないほどにあります。

スケール(音階)を知るメリットは?

では、スケールを知っておくメリットについて、もう少しまとめてみます。

メリットは、以下の通りです。

スケールを知るメリット
  1. 気持ち良いメロディーが作りやすくなる
  2. 世の中のほとんどの曲がスケールに従っているから

① 気持ち良いメロディーが作りやすくなる

そもそも、スケールは「一緒に使うと気持ちよく聴こえる音の組み合わせ」をチームにしたものです。

過去の音楽家達が研究を重ねてきた結果により、すでに世の中には、数えきれないほど、たくさんのスケールがあります。

そして、私達は、それを流用させてもらうだけで、「気持ち良く聴こえる」メロディーを簡単に作ることができるのです。

そのため、スケールを活用しない手はないです。

② 世の中のほとんどの曲がスケールに従っているから

世の中の有名な曲のほとんどは、既存のスケールに従っています。

また、ポップスのほとんどは、「メジャースケールか「マイナースケールで作られています。

なぜなら、この2つのスケールが一番、耳にしっくり来て、印象に残りやすいからです。

そのため、一人でも多くの人の耳に印象を残したい商業音楽のジャンルでは、どうしてもこれらのスケールを多用するのです。

DTM部長
DTM部長
逆に、商業音楽なんかクソだ!というパンクな人は、スケール無視で前衛的な音楽に挑戦するのもアリです。

まとめ

音楽理論において、最も重要な考え方であるスケール(音階)について、解説しました。

解説した内容をまとめると、以下の通りです。

  • スケール(音階)は、トニック(主音)から順番に、ルールに従って音を並べたもの。
  • スケールには、7個の音を使うものと、5個の音を使うものがある。
  • スケールは、一緒に使うと気持ちよく聴こえる音の組み合わせなので、知っておくと気持ちよいメロディーが作りやすい。
  • 世の中のポップスのほとんどは、メジャースケールかマイナースケール。

スケールとかトニックとか、用語がたくさん登場するので、難しく考えてしまいがちですが、要するに「気持ちよく聴こえる音の組み合わせ」を人に説明するために必要な、用語に過ぎません。

大切なのは、作曲において、「こんなノリにしたいから、今回はここらへんの音を使おうー!」みたいな感覚がつかめてくることです。

この記事の内容が理解できたら、続けて、以下の記事を読んでみてください。より具体的にスケールが理解できます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です