MIDIキーボード

MIDIとは?MIDIを使って何ができる?

MIDIとは?

DTMをこれから始める人や、始めたばかりの人が知らない専門用語として、「MIDI」があります。

DTMで曲作りをやっていくのであれば、MIDIの仕組みを理解しておくことは必須です。

そこで、今回はMIDIとはそもそも何か?何ができるのか?について解説します。

この記事で分かること
  • MIDIとは何?
  • MIDIを使って何ができる?
  • MIDIコントローラーには、どんな種類がある?

MIDIとは?

タクヤくん
タクヤくん
MIDIって何それ美味しいの?
MIDI(Musical Instruments Digital Interface)とは、楽器の演奏データを機器間で転送するための通信規格のことです。

簡単に言うと、キーボードの鍵盤で、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と叩いた結果をコンピュータに送るための信号のことです。

MIDIで何ができるの?

MIDIでできることは、主に以下の3つです。

MIDIでできること
  1. 打ち込みにより、ソフト音源を演奏
  2. MIDIコントローラーで、DAWやソフト音源を操作
  3. ハードシンセなど外部接続機器の演奏

① 打ち込みにより、ソフト音源を演奏

DAWソフトで、MIDIデータを書くことを、一般的に「打ち込み」と言います。キーボードとマウスを使って打ち込んで作られることから「打ち込み」と呼ばれています。

MIDIを時間軸に並べた演奏データのことをMIDIシーケンスといい、DAWでは、ピアノロールと呼ばれる画面上で、MIDIシーケンスの打ち込みを行うことで音作りをしていきます。

MIDIシーケンスを受けてソフト音源が音を出す

DAWには「ソフト音源」と呼ばれる、コンピュータ上で演奏できるバーチャルな楽器が付属しています。

ソフト音源は、演奏データであるMIDIシーケンスを受けて、コンピュータ上でシンセサイザーやギターなどの音を再現して演奏することができます。

そのため、楽器を弾けなくても、プロの演奏にも負けない超絶テクのフレーズを作ることができます。

② MIDIコントローラーで、DAWやソフト音源を操作

コンピュータ上での打ち込み作業とは別に、MIDIキーボードなどのコントローラーを使って実際に演奏したMIDIデータを、リアルタイムでコンピュータに取り込んで記録することもできます。

マウスで音符をひとつひとつ地道に打ち込んでいく作業は、慣れるまではなかなか大変です。

少しでもピアノが弾ける人であれば、MIDIキーボードを使った方が効率が良いです。

MIDIコントローラーの種類
  • MIDIキーボード
  • MIDIパッドコントローラー
  • MIDIコントローラー
MIDIキーボードの演奏データをDAWでリアルタイム記録

また、MIDIパッドコントローラーがあると、ドラムセットのビートを作る際に、人間が叩いたような自然なリズムを簡単に作ることができます。

③ ハードシンセなど外部接続機器の演奏

デジタルシンセサイザーなど、MIDI入力に対応したハード機材をパソコンと接続することで、DAW上で打ち込み作成したMIDIシーケンスでの自動演奏ができます。

また、その演奏音をDAW上に返すことで、ハード機材の演奏をそのまま録音することができます。

ピアノが得意でない場合、自分で演奏して録音すると、タイミングやテンポを合わせるのが難しいですが、MIDIシーケンスで演奏させることで、精度の高い演奏が簡単にできます。

MIDIシーケンスで外部接続機器を演奏し、演奏音を録音出来る。

MIDIコントローラーの接続端子

MIDIコントローラーの接続端子には、大きく分けて以下の2種類があります。

MIDIコントローラーを購入する時には、どんな接続端子を持っているか確認しておきましょう。

MIDIコントローラーの接続端子
  1. USB端子
  2. MIDI端子
  3. CV/Gate端子
  4. ペダル端子
  5. (モノラル/ステレオ)標準端子

① USB端子

USBケーブルを使って、そのままパソコンに直接接続できる端子です。

2020年現在、ほとんどのMIDIキーボードはUSB端子(Type-B、Type-C)を持っています。

USB端子(Type-b)

iPhone/iPadに接続する場合は、Lightning-USB3カメラアダプタが必要になります。

Lightning-USB3カメラアダプタ

多くのMIDIコントローラーは、iPhone/iPadでも使うことができますが、対応していない場合や、一部の機能しか使えない(キーボードは使えるけど、ボタンは効かないなど)場合もあるので注意が必要です。

② MIDI端子

パソコンにはそのまま接続できない為、MIDI-USB変換器が必要です。

オーディオインターフェイスには、この変換器の機能を兼ねているものが多いです。

MIDI端子

オーディオインターフェイスを使って、MIDIキーボードをパソコンに接続する場合は、以下のような構成になります。

MIDIをUSBに変換してパソコンに接続する。

THRUについても説明が必要。

③ CV/Gate端子

アナログシンセモジュラーシンセなどのヴィンテージマシンは、MIDIに対応していないものが多く、その代わりに「CV/Gate」という信号規格に対応しているものがあります。

そのため、USBをCV/Gateに変換して、これらのシンセを演奏することができます。

以下の図は、USB-CV/Gate変換機能をもつ「KORG SQ-1」という機材を使って、パソコンからアナログシンセを演奏する場合の構成です。

CV/GateをSQ-1でUSBに変換してパソコンに接続する。
USB-CV/Gate変換機能を持つ機材
  • KORG SQ-1
  • Doepfer Dark link
  • Doepfer Darktime
  • Arturia Beatstep

④ ペダル端子

サスティンペダル

ダンパーペダル

⑤(モノラル/ステレオ)標準端子

MIDIキーボードには、以下の2タイプがあります。

  1. MIDI信号だけをやり取りするタイプ
  2. 音源が内蔵されていて、キーボード単体で音が出せるタイプ

基本的には、MIDI信号だけをやり取りするタイプがほとんどなのですが、音源を内蔵しているタイプのMIDIキーボードの場合、音声信号を出力する(モノラル/ステレオ)標準端子が付いています。

おすすめMIDIキーボード

初心者におすすめな定番のMIDIキーボードを紹介します。

MIDIについてもっと詳しく知りたい人は

MIDIについて、もっと詳しく知りたいという人におすすめなのが、こちらの本です。

MIDIについて、基礎から説明されており、MIDI検定にも対応しています。

これ1冊で十分にマスターできます。

まとめ

この記事では、MIDIとは何か?に対する答えについて解説しました。

ソフト音源で音作りをしたり、MIDIキーボードでメロディラインの打ち込みを行ったりなど、DTMにとって、MIDIがどれだけ重要な役割を担っているか理解できましたでしょうか。

タクヤくん
タクヤくん
MIDIが理解できるとDTMがめっちゃ分かった気になるな。

さっそくDTMを始めたい!もっとDTMについて詳しく知りたい!と思われた方は、以下の特集ページをチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です