ソフト音源・シンセ

Native Instruments「Massive X」と「Massive」の違いは?レビューと比較。

Native Instruments「Massive X」と「Massive」の違いは?レビューと比較。

「Massive Xってどうなの?」「Massive XとMassiveって何が違うの?」ということが気になっている人へ。

Native Instruments社のソフトシンセ「Massive X」と「Massive」について、それぞれレビューを行い、音質・機能・CPU負荷など、両者の違いをまとめてみました。

これからMassiveシリーズの購入を検討されている人は、要チェックです。

この記事は、DTM歴7年で楽曲のリリース経験もある現役トラックメイカーDTM部長(@dtmbu)が書いています。

この記事で分かること
  • Massive Xは何が良い?人気の理由は?
  • Massive XとMassiveはどっちを買うべき?
  • Massiveの音質やCPU負荷は?

Massive X、Massiveとは?

「Massive X(マッシブ・エックス)」とは、ドイツの人気プラグインメーカーNative Instruments社の開発するソフトシンセです。

ウェーブテーブル方式によるオシレーターと、自由自在にアサインできるモジュレーションによって、動きのある音を作るのが得意なシンセです。

世界中で大流行した「Massive」のDNAを引き継いで新しく開発されたのが「Massive X」で、仕様が似ているソフトシンセのSerumと並んで、とても人気のあるソフトシンセです。

スペック内容
価格26,800円
音源方式ウェーブテーブル方式
プリセット音色580以上
オシレーター2個
ウェーブテーブル:170以上
フィルター9以上
エフェクト9以上

なお、ウェーブテーブル方式って何?という人は、まず以下の記事に目を通してもらうことをおすすめします。

Massive XとMassiveの違いは?

Massive XとMassiveの比較

Native Instrumentsでは、「Massive X」と「Massive」の2種類のバージョンが販売されています。

これらは、単純なバージョン違いというよりも、むしろ別物というくらい、設計思想が変わっています。

タクヤくん
タクヤくん
そうなんだよ、どっちにしようか迷ってるんだけど、具体的に何が違うの?

という人のために、両者の違いについて説明します。

Massive XとMassiveの違い
  1. カタログスペックを比較
  2. 見た目がオシャレなのは?
  3. 音質が良いのは?
  4. CPU負荷が軽いのは?

① カタログスペックを比較

Massive XとMassiveのカタログスペックを比較

まず、カタログスペックから見た、Massive XとMassiveの違いは、以下の通りです(要点だけ抜粋しています)。

スペックMassive XMassive
価格26,800円20,100円
プリセット音色5801,300
スキンの変更6種類
オシレーター2個
ウェーブテーブル:170以上
3個
ウェーブテーブル:80以上
フィルター912
エフェクト99

タクヤくん
タクヤくん
Massiveの方が安いのに、プリセット音色は多いんだねー!

② 見た目がオシャレなのは?

Massive XとMassive 見た目がオシャレなのは?

次に、カタログスペックからは分からない、非機能要件についても、比較していきましょう。

たとえば、見た目のオシャレさについては、人の感性なので、もちろん賛否両論あるとは思いますが、Massive Xの方がグラフィックがキレイでオシャレです。

また、スキンも6種類から選べるのに対して、Massiveは1種類のみです。

DTM部長
DTM部長
数あるプラグインの中でも、Massive Xは、モダンでカッコイイ方だと思います。

③ 音質が良いのは?

Massive XとMassiveの音質を比較

Massive XとMassiveの音質を比較してみました。

実際に聞き比べてみたところ、以下のような音質の違いがあることが分かりました。

  • Massive X: 解像度が高い。高域が出ている。
  • Massive: 低域が強い

また、用意されているプリセット音色も、Massive Xが実験的な電子音楽的な音が多いのに対して、Massiveはゴリゴリのベース系の音が多い感じでした。

タクヤくん
タクヤくん
なるほどー。同じシリーズでも音質は違うんだね。どっちも捨てがたいねー。 

④ CPU負荷が軽いのは?

Massive XとMassiveのCPU負荷を比較

Massive XとMassiveでは、どちらが軽いのか、実際に負荷検証をしてみました。

実際にプラグイン1台を起動して、プリセットを変えながら演奏してみたときのCPU負荷の平均値は、以下の通りでした。

プラグインCPU負荷
Massive X10%前後(重いとき20%以上)
Massive5%以下(重いとき10%以上)

動作の安定性の面では、Massiveに軍配が上がりました。

というのも、検証で使っている1時間くらいの間に、Massive Xは2回もクラッシュしてしまったのです(使用環境:Win10, Ableton Live 9.7.7)。

DTM部長
DTM部長
発売されたばかりのソフトウェアあるあるですね。

Massive X、Massiveを使うメリットは?

両者の違いが分かったところで、次にMassiveシリーズを使うメリットについて、もう少し掘り下げていきます。

Massive X、Massiveのメリット
  1. 動きのあるサウンドが作れる
  2. 音質・質感にこだわる人にピッタリ
  3. Massive Xのスキンがオシャレ

① 動きのあるサウンドが作れる

Massive XとMassiveは動きのあるサウンドが作れる

Massive X、Massiveの最大の特徴が、自由自在なモジュレーションにより、動きのある音が簡単に作れることです。

オシレータを含む、ほぼ全てのパラメータにエンベロープやLFOをアサインしてモジュレーションをかけることができます。

これにより、ワブルベースを始めとして、ウネウネと動きのある音を作ることができます。

タクヤくん
タクヤくん
ワブルベースは、ダブステップとかドラムンベースで使われる激しいベースの音だね!

② 音質・質感にこだわる人にピッタリ

Massive XとMassiveは音質・質感にこだわる人にピッタリ

先ほど説明したモジュレーションに加えて、Massive Xの登場により、音の解像度が上がり、音の質感をより細やかに表現できるようになりました。

そのため、IDMやエレクトロニックミュージックのジャンルで、シンセの質感にこだわりたい人にはピッタリのプラグインです。

DTM部長
DTM部長
アナログ感のあるサウンドからデジタル系まで表現力がスゴイです。

③ Massive Xのスキンがオシャレ

Massive Xのスキンがオシャレ

先ほども説明しましたが、Massive Xの登場により、見た目のデザインがかなり進化しています。

スキンも6種類から選ぶことができますが、どれもかなりモダンでオシャレなので、「やってる感」が出ますね。

ライブセットなどで立ち上げていると、とてもカッコ良いですし、モチベーションも上がりますよね。

DTM部長
DTM部長
個人的には、SerumよりMassive Xの方が見た目が好みです。皆さんはどうでしょうか?

Massive X、Massiveを使う上での注意点は?

次に、Massive X、Massiveを購入する場合に、注意しておきたいポイントについて説明します。

Massive Xの注意点
  1. 使いこなすのが難しい
  2. Massive Xはまだちょっと動作が不安定
  3. Massive Xには日本語マニュアルがない

① 使いこなすのが難しい

Massive XとMassiveは使いこなすのが難しい

Massive X、Massiveに共通して言えることですが、モジュレーションを使いこなすのがとても難しいです。

特に、シンセも触ったことのない初心者の場合は挫折する可能性が高いです。

また、同じ理由で、ポップスやアニソンなどメロディー重視のジャンルの人にも、あまりおすすめできないです。

タクヤくん
タクヤくん
Massiveを使いこなせるようになったら、他のシンセが超簡単に思えそうだなー。

② Massive Xはまだちょっと動作が不安定

Massive Xはまだちょっと動作が不安定

2019年にリリースされたMassive Xは、設計が全く新しいために、まだちょっと動作不安定な部分があるようです。

たとえば、公式HPに、Logic10.5でMassive Xがクラッシュするという報告が挙がっていました。

この辺りは、ちょっと注意が必要ですね。

DTM部長
DTM部長
もちろん、今後、アップデートにより改良されていきますのでご安心を。

③ Massive Xには日本語マニュアルがない

Massive Xは日本語マニュアルがない

Massive Xは日本語のマニュアルがまだありません(2020年5月時点)。

Native Instrumentsは本社がドイツであり、ターゲットとする客層も欧米が中心なので仕方ないことですね。

英語が苦手な人は、Massiveの日本語マニュアルがあるので、そちらを参考にして頂くか、体で覚えていくしかないですね。

タクヤくん
タクヤくん
まあ、シンセのマニュアルなんて、あってもあんまり読まないけどねー!

Massive X、Massiveの評価は?

世間一般での評価がどんな感じなのかも、気になりますよね。

そこで、Twitterで少し調べてみました。

タクヤくん
タクヤくん
音質とか見た目に関してのポジティブな意見が多いね!・・2020年5月はLogicの不具合のツイートも多いけど・・。

Massive X、Massiveを使っているアーティストは?

Massive X、Massiveを実際に使っているアーティストを紹介していきます。

自分の好きなアーティストが使っていたら、使いたくなりますよね。

Massiveの使用アーティスト

EDMを中心に、海外アーティスト329組がMassiveを使っている/使っていたとの情報を見つけました。

やはり、その知名度・人気ともにハンパではなさそうですね。

Martin Garrix、Deadmau5、Skrillex、Avicii、Hardwellなど、329組のアーティストが使っている(要約して抜粋)。

Equipboard – 329 Artists Use this

Massive Xの使用アーティスト

Massive Xはまだリリースから期間が経っていないこともあり、そこまで情報が無かったので、公式からネタを拾ってみました。

Massive Xデモ版のお試し方法は?

「さっそくデモ版を試してみたい!」という人のために、デモのお試し方法を紹介します。

ここでは、Massive Xのデモ版について紹介しますが、Massiveも流れは同じなので、参考にしてみてください。

Massive X デモのお試し
  1. デモのダウンロードとインストール
  2. DAW上でMassive Xを起動

① デモのダウンロードとインストール

まず、Native InstrumentsのMassive Xのページにアクセスして、[デモ]をクリックします。

Massive X デモの使い方

次に、メールアドレスを入力して[GET DOWNLOAD LINK]をクリックします。

Massive X ダウンロードリンクを入手

すると、入力したメールアドレスにメールが届くので、本文にあるURLをクリックします。

Massive X メール本文のURLをクリック

ブラウザが起動してダウンロードページが開くので、お使いのOSに合ったインストーラーを選んでダウンロードします。

また、ライブラリデータも同様にダウンロードしておきます(プリセット音色を読み込むために必要です)。

Massive X インストーラーをダウンロード

ダウンロードした.zipファイルを解凍してインストールします。

Massive X インストール

次に、ライブラリデータも解凍して同様にインストールします。

② DAW上でMassive Xを起動

どちらもインストールが完了したら、お使いのDAWを立ち上げてプラグインを起動させます。

起動したら、[Demo]をクリックして、デモ・モードでスタートします。

DAW上でMassive Xを起動

このとき、もしMassive Xがメニューから選べなかったり、上手く起動しない場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

Massive Xの使い方は?

「Massive Xって、実際どういう感じで使うの?」という人のために、実際の使い方について紹介します。

本気で解説すると、とんでもなく長くなってしまうので、サラっとポイントだけをまとめて解説します。

Massive Xの使い方
  1. プリセットの選択
  2. スキンの変更
  3. オシレーターの使い方
  4. フィルターの使い方
  5. エフェクトの使い方
  6. モジュレーションの使い方

① プリセットの選択

画面上部のウィンドウをクリックすると、プリセットが選択できます。

また、ウィンドウの右横の[△ ▽]で、ウィンドウを開かずに前後のプリセットに変えることもできます。

Massive X プリセットを選択

② スキンの変更

「Massive X」のロゴの右横にある、[▽]をクリックします。

[Theme]から、好きなスキンを選びます。

Massive X スキンの変更

変更できるスキンのテーマは3種類と、それぞれのフラットモード(立体感なし)の計6種類です。

  • Default(Normal/Flat)
  • Dark(Normal/Flat)
  • Light(Normal/Flat)

③ オシレーターの使い方

Massive X オシレーターの使い方

Massive Xには、2個のオシレーターが装備されています。

ノブを左に回すと矩形波(Pulse)、右に回すとノコギリ波(Saw)に近い波形に変化し、そのブレンドを決めることができます。

他にも、全部で10種類のモードがあります。

  • Standard
  • Bend
  • Mirror
  • Hardsync
  • Wrap
  • Formant
  • ART
  • Gorilla
  • Random
  • Jitter

④ フィルターの使い方

Massive X フィルターの使い方

Massiveのフィルターは1個だけです。そのため、同じフィルターを各オシレータに適用します。

フィルター名をクリックすると、9種類のフィルターからタイプを選ぶことができます。

  • Asimov
  • Blue Monark
  • Comb
  • Creak
  • Groian
  • Scanner
  • SVF
  • SVF Parallel
  • SVF Serial

⑤ エフェクトの使い方

Massive X エフェクトの使い方

Massiveのエフェクトは11種類あります。

このうち、[Utility]はフィルターとして使えますので、2個目のフィルターとして使うことができます。

  • Anima
  • Bit Crusher
  • Utility
  • Folder
  • Freq Shifter
  • Distortion
  • OSC
  • PM OSC
  • Ring Mod
  • Sample+Hold
  • Track Delay

⑥ モジュレーションの使い方

Massive Xでは、モジュレーションソースとして、エンベロープ/LFOを9個まで使うことができます。

エンベロープは、通常のものと、エキサイターエンベロープというアタック感を調整するためのエンベロープの2種類があります。

Massive X エンベロープの使い方

LFOは、波形の形を選べる[Switcher LFO]と、ランダムに動せる[Ramdom LFO]の2種類があります。

Massive X LFOの使い方

エンベロープなら[E]を、LFOなら[L]を、アサインしたいパラメータにドラッグ&ドロップするだけでアサインできます。

Massive X モジュレーションのアサイン

最後に、Massive Xには、パフォーマー(Performer)と呼ばれるモジュレーションソースもあって、ここで自由に波形を描くこともできます。

Massive X パフォーマーの使い方

まとめ

Massive X、Massiveのレビューや両者の違いについて、詳しく解説してみました。

この記事で解説した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • Massve X、Massiveはウェーブテーブル方式のソフトシンセ。
  • 自由自在なモジュレーションにより動きのある派手な音を作ることができる。
  • Massive Xの方が新しく、音質が良いが、Massiveの方が軽くて動作も安定している。
  • どちらも初心者には使いこなすのが難しい。
  • Serumとよく比べられる。

Massive X、Massiveは、どちらも使いこなすのが難しいですが、慣れたら他のシンセでは作り得ないサウンドがどんどん作れるようになるので、強力な武器になるでしょう。

メロディー重視派であれば、そこまでこだわりは要らないかもしれませんが、音質や質感を重視する人には、ぜひおすすめしたい1台です。

なお、よく比較されるSerumも気になる人は、以下の記事もチェックしてみてください。

また、他にもおすすめが知りたい人は、こちらの記事もご覧になってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です