ソフト音源・シンセ

音が太いと評判のVengeance Sound「Avenger」のレビューと使い方。重いって本当?

音が太いと評判のVengeance Sound「Avenger」のレビューと使い方。重いって本当?

「音の太いソフトシンセが欲しい」、「1台で幅広い音作りができるシンセがほしい」という人へ。

そんな人におすすめなVengeance Soundのソフトシンセ「Avenger」について、他のシンセとは違う特徴や、出音が太いと言われる理由、負荷が重いかどうか検証してみた結果などを紹介します。

この記事は、DTM歴7年で楽曲のリリース経験もある現役トラックメイカーDTM部長(@dtmbu)が書いています。

この記事で分かること
  • Avengerの他のシンセとは違う特徴とは?
  • Avengerの出音が太い理由とは?
  • Avengerの負荷は重い?実際のところは?

Vengeance Sound「VPS Avenger」とは?

Vengeance Sound Suite「Avenger(アベンジャー)」とは、ドイツの「Vengeance Sound(ベンジャンス・サウンド)」社の開発する複合型のソフトシンセです。

日本国内では、そこまでメジャーになっていませんが、その太い出音と、機能の多さから、プロ・アマ問わず、多くのアーティストから高い評価を得ています。

プリセット音色やオシレータの波形の種類が豊富なのに加えて、ドラムシーケンスを組めるなど、他のシンセにはない機能が盛りだくさんのシンセです。

スペック内容
価格23,568円
音源方式複合型(減算、FM、ウェーブテーブル)
プリセット音色930以上
オシレータ波形:154以上
ウェーブテーブル:596以上
フィルター47以上
エフェクト30以上

タクヤくん
タクヤくん
複合型のシンセって何?

複合型のシンセとは、減算・加算などのシンセの音源合成機能をひとつではなく、複数持っているシンセのことです。

そのあたりについて、より詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

Avengerを使うメリットは?

実際にAvengerを使ってみて感じた、ココが良いね!と思ったポイントについて、解説します。

Avengerのメリット
  1. オシレーターの出音が太い
  2. オシレータの波形が豊富すぎる
  3. ドラムシーケンスが組める

① オシレーターの出音が太い

Avenger オシレーターの出音が太い

Avengerを使ってみて、まず最初に感じたのが「音が太い!」という感想でした。

アナログモデリング波形を搭載したオシレータを最大8台同時に鳴らして、デチューンできるので、それだけ厚みのある音が作れるんだと思います。

そのため、シンセの音がメインとなる、EDMなどのダンスミュージックやゲーム音楽などには、とても相性の良いシンセだと思いました。

DTM部長
DTM部長
私もシンセの音は複数個重ねることが多いんですが、Avengerは1台だけでも結構存在感が出せますね。

② オシレータの波形が豊富すぎる

Avenger オシレータの波形が豊富すぎる

他の類似シンセに無くて、Avengerにある特徴として、オシレータの波形の数がとても豊富なことが挙げられます。

波形とウェーブテーブルが合わせて合計700種類以上と、とんでもなく多く、アナログモデリング系の音から、ウネるベースサウンドまで何でも作ることができます。

DTM部長
DTM部長
楽曲のほとんどの音をAvengerで作っているという人をTwitterなどで見かけますが、これだけの波形を持つオシレータなので、幅広い音作りが可能になるわけです。

③ ドラムのシーケンスが組める

Avenger ドラムのシーケンスが組める

Avengerの面白い特徴として、DAWのようなドラムシーケンス機能があります。

シンセのフレーズ作りだけでなく、キックやハイハットなどのパーツを鍵盤にアサインしてビートを演奏したり、シーケンスを組んで曲全体の形を作ることができます。

そのため、極端な話、Avengerだけで曲を完結させることができてしまいます。

タクヤくん
タクヤくん
マジかー!DAWの機能を持っちゃってるとかすげーなー。けど、DAWで良くね?

Avengerの利用上の注意点は?

次に、Avengerを使ってみて、「ココはちょっとな〜」と思ったポイントについて紹介します。

Avengerの注意点
  1. 多機能過ぎて初心者には難易度が高いかも
  2. サードパーティーのプリセットがあまりない

① 多機能過ぎて初心者には難易度が高いかも

Avenger 多機能過ぎて初心者には難易度が高いかも

本当に出音が太く、何でも作れるシンセなので、とてもおすすめではありますが、初心者にもおすすめできるかといえば、そこは少し悩むところです。

というのも、操作パラメータが多すぎるので、最初の1台として選んでしまうと、使いこなす前に挫折してしまうかもしれないからです。

そのため、そこら辺を踏まえた上で、購入するか検討するようにしましょう。

タクヤくん
タクヤくん
確かに、機能が多すぎるとマニュアル読んでる間に挫折しそうだし、覚悟は必要かもねー。

② サードパーティーのプリセットがあまりない

Avenger サードパーティーのプリセットはあまりない

初心者が最初の1台として選ぶには、ちょっとハードルが高いシンセであることもあり、Vengeance Sound社が公式で販売しているプリセット以外の、他メーカーのプリセットはそんなに多くないです。

そのため、プリセットファイルを購入して音色を増やしたい人には、ちょっと悩みところです。

DTM部長
DTM部長
Plugin Boutiqueでも、そこまでラインナップはありませんでした。

Avengerの評価は?

実際にAvengerを使っている人の評価も気になりますよね。

そこで、Twitterから利用者の声を拾ってみました。

タクヤくん
タクヤくん
「音が良い」というポジティブな意見が多いけど、「重い」という声も気になるなー。

Avengerは重い?

AvengerはCPU負荷は重い?

Twitterで利用者の意見を探していた時に、「Avengerは重い」という声が気になったので、実際に確かめてみました。

検証に使用したパソコンのスペックは、以下の通りです。

OSWindows 10
CPUIntel Core i7-6700K(4.20GHz)
メモリ32GB DDR4 SDRAM (16GBx2)

実際にAvengerを1台だけ起動して、プリセット音色を変えながら演奏してみた時のCPU負荷は、以下の通りでした。

CPU負荷:おおむね10%以下
 ※プリセットによって15%を超えるものあり。

これだけ多機能なので、やはり、それなりに重いだろうと思っていましたが、処理内容から考えると、普通だと感じました。

DTM部長
DTM部長
内部処理は、バージョンアップによって改良されていってるんでしょうね。

Avenger デモ版の機能制限は?

Avenger デモの機能制限

Avengerのデモ版では、無料でお試しできる代わりに、以下のような機能制限があります。

  • ファクトリープリセットの数が少ない。
  • 5分に1回、10秒間のホワイトノイズが入る。
  • 30分に1回、プラグインの再起動が必要。

DTM部長
DTM部長
ただし、これ以外は、実機と変わらないので、しばらく無料版で曲作りをすることも出来なくはないです。

Avenger デモの使い方は?

さっそくAvengerを試してみたい!という人のために、無料のデモ版をお試しする方法について解説していきます。

デモの使い方
  1. デモのダウンロードとインストール
  2. プラグインの起動とFactory Libraryの読み込み

① デモ版のダウンロードとインストール

まず、Vengeance SoundのWebサイトにアクセスします。

画面上部のメニューから[PLUGINS][VPS Avenger]の順にクリックします。

Vengeance Sound Avenger トップページ

[TRY DEMO]をクリックすると、デモプラグインのダウンロードページにリンクしますので、以下の2つのファイルをダウンロードします。

  • WindowsかOSXのinstaller(お使いのOSに合ったもの)
  • CONTENT file(プリセットファイル)
Vengeance Sound Avenger demoページ

ダウンロードしたら、.exeファイルを実行してインストールします。

Avengerのインストール

② プラグインの起動とFactory Libraryの読み込み

インストールが完了したら、DAW上でAvengerを起動します。

すると、初めに「ファクトリーライブラリ」が無いと表示されるので、[Next]をクリックします。

Avenger factory library

次に、先ほどインストーラーと一緒にダウンロードしたCONTENTファイルをドラッグ&ドロップ(かファイルのパス指定)で設定したら、[Next]をクリックします。

Avenger CONTENTファイルの読み込み

CONTENTファイルが正しく読み込まれると、ライブラリデータ(プリセット音色)の保存先を聞かれますので、ディレクトリを設定します。

データ用のドライブを分けている人は、ここで設定します。

Avenger ライブラリデータの保存場所を選択

あとは、[START]をクリックすると、Avengerが使えるようになります。

Avengerの使い方は?

Avengerの使い方は?

ここからは、実際にAvengerを使って音作りをする方法について紹介します。

シンセの使い方を知らなくても、なんとなく触れるようになる感じで、なるべく分かりやすく説明したいと思います。

Avengerの使い方
  1. 画面サイズの変更
  2. スキンの変更
  3. プリセットの選択
  4. オシレーターの使い方
  5. フィルターの使い方
  6. エフェクトの使い方
  7. ドラムシーケンサーの使い方

① 画面サイズの変更

まずは、見た目からということで、AvengerのUIを調整していきます。

Avengerは、デフォルトの画面サイズがとても大きいので、サイズを調整します。

Avenger 画面サイズの変更

変更したサイズの設定は保存されるので、次から起動したときも、設定したサイズで立ち上がります。

② スキンの変更

Avengerの中央下部にあるディスプレイの[SYS]をクリックすると、Skin(スキン)を変更することができます。

Avenger Skinの変更

ソフトシンセは、見た目も大事ですよね。モチベーションが変わってきます。

③ プリセットの選択

プリセットを選ぶには、画面左上のビューで[Content]をクリックして開いたメニューから[Factory]をクリックします。

Avenger Presetの選択

プリセットのジャンルごとにカテゴライズされており、好きなものを選ぶことができます。

また、プリセット名の右横にある[< >]をクリックすることで、前後のプリセットに変更することも可能です。

Avenger Presetの一覧

④ オシレーターの使い方

オシレーター(OSC)の波形名をクリックすると、オシレータの波形を変更することができます。

たとえば、「VA-Shapes」ならアナログモデリング波形で、アナログシンセの一般的な波形(ノコギリ波、三角波、矩形波など)を選ぶことができます。

Avenger オシレータの使い方

[+]をクリックすると、オシレーターを追加でき、最大8台まで増やして同時に鳴らすことができます。

Avenger オシレータは8台まで起動可能

DTM部長
DTM部長
Detune(デチューン)させて8台同時に鳴らすと、厚みのある音が作れますよー。

⑤ フィルターの使い方

まず、[TYPE]をクリックして、フィルターのタイプを選択します。

Avenger フィルターの使い方

あとは、一般的なフィルターと使い方は同じで、CutoffとResonanceをいじっていく感じです。

なお、フィルターは、マスター用と合わせて、最大5台まで同時に使うことができます。

⑥ エフェクトの使い方

エフェクトを追加したいスロット上にカーソルを合わせて、「右クリック」すると、エフェクトを選択してインサートすることができます。

Avenger エフェクトの追加

スロットにエフェクトを追加した後でも、[< >]のボタンでエフェクトの種類を変更できます。

また、プリセット名をクリックすると、エフェクトパラメータのプリセットを変更できます。

Avenger エフェクトの使い方

⑦ ドラムシーケンサーの使い方

Avengerならではの機能、ドラムシーケンサーも使ってみましょう。

Drumsを開いて、[Factory]をクリックすると、ドラムサンプラーのセットを選んで開くことができます。

なお、画面下部の[ZONES]を開くと、キーボード上でのドラム音がアサインされている場所を確認できます。

Avenger Drumsの開き方

プリセットを選ぶと、自動的に、鍵盤に対してドラムパーツの音源がアサインされます。

これで、キーボードをドラムのように叩いて演奏することができます。

Avenger Drumsの演奏

タクヤくん
タクヤくん
すげー!MPCみたいになったー!

まとめ

Avengerの概要や機能のレビューから、デモを無料でお試しする方法や具体的な操作方法まで、なるべく分かりやすく解説しました。

この記事の内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • Avengerは、複合型(減算、FM、ウェーブテーブル)のソフトシンセ。
  • オシレーターの波形が多く、幅広い音作りができるのが特徴。
  • 最大8台同時演奏できるオシレーターによって太い音が作れる。
  • ドラムシーケンスまで組める、DAW並みの多機能さ。
  • プリセットだけでもかなり使えるが、初心者の最初の1台としては難易度が高い。

Avengerは、幅広い音が作れて、機能も多いプラグインなので、使いこなせれば、もう他のシンセは不要になるかもしれません。

購入する際は、アクティベーション管理が楽チンなPlugin Boutiqueで購入することをおすすめします。

購入を検討するにあたって、この記事が参考になれば幸いです。

なお、他にもおすすめが知りたい人は、こちらの記事もご覧になってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です